ここでは、 に関する情報を紹介しています。
先日まで参加していたトレードコンテストで上位入賞が出来た模様です。まだ順位確定報告はきていないのですが、10日の祝賀会のようなものに招かれたので多分ほぼ確実かなと思っています(ダメだったらゴメンナサイ)。

本当は、10日の表彰式で1位と目論んでいたんですけどね。

最終月まで2位だったのですが、最後に勝負をかけて敗北となり、順位を落としてしまいました。

表彰式に備えて、重なる飲み会や行事はキャンセルしてあったくらい心の準備はできていました(笑)。

勝つこともあれば負けることもあります。コツコツやっていれば、いずれ1位を狙うチャンスも作れるでしょう。

順位は落ちたものの、賞金として仮想通貨が3万円くらい貰える予定です。

無事に仮想通貨を頂けたら運用せずに放っておいてどうなるか実験してみます。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ にほんブログ村 株ブログ 株日記へ

FX+FXオプションでいくつかのパターンで仕掛けています。

自分なりに収まりの良いパターンが見つかりつつあるところです。

昨日100万円ほど利益を出してから、本日新たに売りポジションを作っています。

本日仕掛けたのはこれです。

・豪ドル円82.483円で20万通貨売りポジション
・豪ドル円81.00円で10万通貨分のプット・オプション売り 期日4月11日・プレミアム0.598

プレミアム受取は、10万通貨分なので5.98万円になります。

単純な売りポジション20万通貨と比べたときのこの合成ポジションの大きなリスクはこれです。

期日4月11日に豪ドル円が81円ー0.598円=80.492円を大きく割り込むような時は、単純な20万通貨売りポジションよりも利益が減る。

メリットはいろいろとあります。

・期日に豪ドル円が80.492円超であればオプションポジションは総合収支で受取となる利益上乗せとなる。
・売りポジション損きりとなる際は、オプションプレミアムはその大部分が受取となるため損失補填的な役割をになう。
・80.492円を割る大きな下げとなっても、10万通貨売り分の利益は確保できる。
・オプションはプレミアム受取のため、FXポジションのマイナススワップポイント負担が軽減できる。

私自身は、ここから豪ドル円が一段安となる可能性があると思ってFXで売りポジションを仕掛けています。正直なところ、80.492円割れもあるかもしれないという見通しをもっています。

ただ、いつ崩れだすかはわかりません。

その大崩れが4月11日以降であれば、このプット・オプション売りプレミアムは満額受け取れることになります。

当然のことながら、私の目論見がはずれ豪ドル円がここから上昇転換することだってあります。

いろんな可能性を考慮すると、この合成ポジションはどう転んでも慌てずに済むという感じがします。

実際の仕掛けを続けながら、自分に合う利用形態を作っていくつもりです。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ にほんブログ村 株ブログ 株日記へ
FXオプション売買を始めて感じているのが「勝率の高さ」です。

売り中心でやっているのですが、一時的に含み損となっても期日には利益になることが多いのです。

この「勝率の高さ」が注意のしどころですね。

「売り」で仕掛けていくと、おそらく多くの方が最初はスンナリ勝てるだろうと思います。勝率が高いので油断しやすいです。レバレッジも自然に高くなっていきます。

いつの間にか、レバレッジ10倍・15倍くらいのポジション持っていたりするんです。

「プット売りのリスク=FX売りポジションのリスクと同じ」と冷静に考えれば、このレバレッジで相場が暗転したらどうなるかは容易に想像できます。

でも、勝利が続くと・・・・・・油断してしまうんです。

私は、プットでもコールでも「売り」を仕掛けるときは、FXで反対ポジションを保有しているときに限定しています。こうしておけば、オプションで損失となったときでも、FXポジションでは利益となっている訳なので、全体としての収支が大幅に悪化することはありません。

でも・・・頭が熱くなってしまったらやはり怖い・・・ですよね。

熱くなるときのお決まりパターンは、四六時中相場を気にする・・・あるいは・・一日の間に何度も売買する・・・ときに発生します。

これを完全に防ぐ有効策は、師匠林輝太郎の教えをきっちり守ることしかない気もします。

「日中相場をみてはいけない!」

失敗しないために自分に言い聞かせるメモとしてこの記事を残しておきます。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ にほんブログ村 株ブログ 株日記へ
米ドル円買いポジションのヘッジのために米ドル円売りポジションを保有しているのですが、その売りポジションに利益がのり始めています。

そろそろ、米ドル円の下落も終盤戦かな・・・と思っているので決済を検討中でした。

現在の結論としては・・・大きく下落する可能性は少なくなってきた気がするものの、もう少し保有しておこう・・・という方針でいます。

そこで来週水曜日期日の105.50円のプット・オプション売りを5万通貨ほどやってみました。

「買いポジション+コール売り」を「カバード・コール」と呼ぶのですが、私のは「売りポジション+プット売り」ですので真逆の形となり「カバード・プット」という感じですね。

プレミアムは、0.218ですので5万通貨では10,900円の受取です。

期日に105,50円以上であればプレミアム受取で終了、105.50円未満であれば含み損を抱えた買いポジションが建ちます。私の予定としては、買いポジションをそのまま損きり予定です。もしもプレミアム受取以上の損失となった場合は、手持ち売りポジションの一部を決済して相殺します。

オプションを既存ポジションのヘッジとして使っていくつもりなので、こういうところをきっちりやっていかなばなりません。

この仕掛けがどうなるかは、来週木曜日のお楽しみです。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ にほんブログ村 株ブログ 株日記へ
昨日より、普段の生活でソロバンを使い始めました。

息子に興味をもたせるのが目的です。親がやっていることは何でもやりたがるので、その流れでソロバンにもなじんでもらうという作戦です。

しかし・・・久々にソロバン使うと・・・疲れますねぇ。

でも、日常の計算のほとんどはソロバンでできる簡単なものばかりですので、頑張ってみます。

息子には、「空手」と「ソロバン」はなんとしても身に着けさせたいと思っています。

~ニコニコパパ目指して奮闘中メモ その4
底臭いので買いたい でも、買えなくてもいいか・・

こんな時ありませんか。

私はあります。

将来の超円安を予測して、米ドル円の買いポジションを長期保有しているのですが、こういう円高時期は買い平均値を下げる絶好の時期でもあるんですよね。

でも、もうちょっと下がりそうな気もする・・・買いたい気もするが買えなくてもいいかな・・・・今の私が、そんな気持ちでいます。

今日、思いついたんです。

「こういう時はプット・オプション売り」が良いのではなかろうか」

FXオプションで「プット・オプション売り」を行うと・・・・

・その後に上がれば、プレミアム代金受け取り!
・その後に下がれば、権利行使価格で買いポジション発生(プレミアムは受取で)

・・となります。

今日作ってみました。

権利行使価格107.00円でプット・オプション売り1万通貨を仕掛けています。プレミアムは11000円くらいです。

期限に米ドル円が107円超であれば、プレミアムを受け取って終了です。

期限に米ドル円が107円以下であれば、米ドル円買いポジションが建ちます。米ドル円が105円くらいでも107円なので、いきなり含み損の買いポジションになります。

でも、プレミアム11,000円は受取なんですよね。

なので、107円買いポジション+11000円ということになり、105円台で買いポジションを作ったのとほぼ同じ感じになる・・・かなと思っています。

107円で1万通貨買いポジション作ってもいいかな・・と思っていたので・・・それにお小遣いを頂いた感じになります。

円高時期に米ドル円買いポジション増やすのって、出来そうで出来ないんです。

どこが底かわからないうちに上げ転換してしまって、気づけば110円を超えていたりするからです。

今回の作戦で、米ドル円底値で仕掛けていくのも良いかもしれないです。

単なるアイデアの段階なので、あまり気にしないでくださいませ。

まだまだ勉強中です。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ にほんブログ村 株ブログ 株日記へ
FXオプションの活用のためのメモです。

豪ドル円の下げ相場で、売りポジションあるいは買いポジション決済の代わりに「プットオプション買い」の活用を検討しています。

こうすることで、「下げ相場本格突入であればプットオプションで利益」「上げ転換であればFX豪ドル円買いポジションで利益」という流れが作れます。

ネツクになるのが、オプション代金が結構高いことです。

現在84円前後の豪ドル円

権利行使価格が下になるほどプットオプション代金は安くなります。

期限4月11日もので以下のような感じです。

・78円 0.5(10万通貨で5万円)
・81円 0.96(10万通貨で9.6万円)

現在値84円近辺ではこの数倍になります。

「どういう発想で、どういうルールを作り、どう仕掛けていくか」

この考えは、FXオプションでは特に大切な気がします。

プットオプション代金のコストを1日当たりに直すと1万通貨70~150円くらいなんです。

このコストは、いつもいただいている豪ドル円買いポジションのスワップポイントを充てるという考え方にしていくと酔いうかもしれません。

豪ドル円が大きく下げそうに懸念される時期というのは、年に数回あります。その時期に10~20万円を暴落ヘッジに使って、心理ストレスを下げていけば、裁量トレード成績にも良い影響がありそうな気がします。

・・・思い付きで書いているので文章がまとまっていなく、すみません。

アイデアメモなので、お許しください。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ にほんブログ村 株ブログ 株日記へ