自営業のFX税金 本業にすべきかどうか

ここでは、自営業のFX税金 本業にすべきかどうか に関する情報を紹介しています。

自営業のFX税金 ポイント整理


自営業の方がFXをする時の税金について考えてみたいと思います。考え方がいくつかに分かれて複雑な部分が多いのでお役にたてるかどうか自信が無いのですが、頑張って書いてみます。自営業でFXをやっていく場合に、大きな問題が一つあります。



FXや相場運用を本業で申請すべきかどうか



FXでの収入や損を本業の収益として計上するかどうかです。これは、本業がある方は悩むところです。ちなみに私はFX運用を本業にはしていません。理由は、このページの後半の方で書いています。私のような田舎出身の方等は、同じような境遇の方もいるかもしれません。



FX本業にする場合の手続き



自営業開業の時は、青色申告開業の申請書を提出します。その中に業務を書く欄がありますのでそこに書き込みます。私がFX運用を本業にしなかったのは以下の理由によります。




  • FXの作業は毎日5分程度。これを仕事とは呼べないと感じた。
  • 税務署に相談した際に、「そういうのを本業にするのですか?」と不審がられた。


当時の私は、サラリーマンを辞めたばかりでFXや株などしか収入がありませんでした。でも、「独立して皆に認めてもらう」という自分なりの意気込みがありました。残念な事に、相場運用でいくら成功しても、友人や家族には認めてもらえません。特に、私の田舎は岩手県の山奥でもあり、「相場をする人間はロクデナシ」という雰囲気が今もある世界なのです。



相場で成功したとしても、親兄弟が田舎で後ろ指を差される思いをするのでは申し訳無い



そういう状況なので、私としては「相場運用以外で絶対に成功しなければいけない」状況でした。相場運用を本業として申請してしまえば、その利益に自分が甘えてしまって、相場運用以外の本業に手を抜いてしまう事になると考えたのです。



実際、私が自営業として届け出た業務は最初の2年間は利益がほぼゼロでした。確定申告の時などは、かなり寂しく肩身の狭い思いをしていた記憶があります。



もう一つは税務署の対応です。



私の当時の申告地は千葉市でした。結構な大都市なのですが、相場運用を青色申告の業務として申告した人はいないと言われ、具体的に今後どうすればよいかは自分で考えなければいけない状況でした。



自分で考えておかしな部分があれば後で税金取られる



こんな状況では、後で大きな追徴課税を受けても文句がいえません。税理士の先生に相談すれば良いのでしょうが、その費用を考えると「本業に入れないのが一番良い」気がしました。



以上が、私のFX運用を本業にしなかった理由です。次回は、「本業にするメリットとデメリット」をやります。



くりっくま 笑う

こんにちは
くりっくまです。

相場運用を本業とすべきかどうかは、専業トレーダーの方などは特に悩む部分でしょうね。この辺の手続きで具体的なHPなどもなかなか見つかりません。次回以降で、少しは具体的に書ければと思っています。専門家の方がいましたら、アドバイスがてらカキコミなど頂けるとうれしいです。



くりっく365日記で使っている口座



4年間無敗のスワップ投資 メルマガで公開し続けたやり方をレポートにまとめました
スター為替口座開設で 最高2.8万円+特製レポート「亀仙人投資術」プレゼント中




コメックスFX 24時間フォローさせて頂きます。

しし丸君は、セントラル短資で運用中です。
オンライン口座開設などで最大6,000円プレゼント


↓本日の記事がお役にたてましたら下記をクリックお願いします(ランキング順位が上がります)。
にほんブログ村 為替ブログ FX スワップ・長期投資派へ


コメント
この記事へのコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2008/05/27(火) 18:39 | | #[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://click365.blog44.fc2.com/tb.php/545-89ee2bad
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック