FXサヤ取り 新規仕掛け

ここでは、FXサヤ取り 新規仕掛け に関する情報を紹介しています。

FXサヤ取り 新規仕掛け


FXサヤ取りの新規仕掛けをしました。今回はサヤの最終局面と思われます。サヤの崩れが起きる可能性もありますので損切りの準備も忘れずにしておきましょう。FXサヤ取り運用口座は、ハーベストフューチャーズです。FXサヤ取り仕掛けのポジションはこんな感じになりました。


FXサヤ取り仕掛け内容


FXサヤ取りの仕掛けの詳細です。



  • 仕掛け「ゴーツーポン」(メルマガと無料レポートで紹介済みの組み合わせ)
  • 縮小→拡大の仕掛け
  • 英ポンド 1万買い 買値 202.96円
  • 豪ドル  2万売り 売値  97.90円
  • 仕掛け時のサヤ:97.9×21-202.96=-7.16円

今後、サヤが-10というグ具合に拡大していけば利益が出てきます。サヤの動き次第では追加の増し玉もあります。予定では一週間くらいで決済する事になるでしょう。



バンタ・レイ証券は、スプレッド縮小キャンペーン中です。


↓本日の記事がお役にたてましたら下記をクリックお願いします(ランキング順位が上がります)。
にほんブログ村 為替ブログ FX スワップ・長期投資派へ


コメント
この記事へのコメント
教えてください
サヤ取りの勉強中です
今回の英ポンドと豪ドルの仕掛けで、サヤが-7.16から-10になると縮小になるのでは? 逆ザヤなので、マイナスから0に、そしてプラスになるのが拡大だと理解しているのですが・・・間違っているのでしょうか?
教えていただけたら助かります。 
2008/05/09(金) 17:57 | URL | Ran #-[ 編集]
Ran様
お世話になります。
-7.16→ー10は、私は拡大としています。
(*^。^*)
負の拡大とでもいう感じですね。
頭で考えると混乱するかもしれません。教科書本の「折れ線グラフ」や「サヤ棒グラフ」を実際に描いてみたりしてみると縮小なのか拡大なのかの判断はし易いと思います。
2008/05/10(土) 06:27 | URL | くりっくま #-[ 編集]
こんにちは。ブログを拝見させていただきました。大変勉強になりました。当方にもお立ちより下さい。お待ち申し上げます。多謝
2008/05/12(月) 07:46 | URL | fx40 #-[ 編集]
>今後、サヤが-10というグ具合に
拡大していけば
グ具合というのは方言なんですか。
ところでハーベストですが、
サヤトリチャートのことを
問い合わせたら、資料だけ送られてき
ました。
資料を見たんですが、どこにもサヤトリ
チャートのことが書いて無いんです。
くりっく365の業者ってお役所体質
丸出しですね。
2008/05/13(火) 04:33 | URL | ポチ #ElJgphU6[ 編集]
ポチ様
お世話になります。
そうですか。
資料にもサヤ取りチャートの事が書かれていませんか。
・・・ それは残念ですね。
多分、ハーベストではこの機能はそれほど重視していないからだと思います。
HP上見てもサヤ取りのコーナーなどはありません。多分資料が無いのもそのせいでしょう。
・・・ このチャート機能の凄さに気づいていないようです。
(*^。^*)
私達が理解して使いこなしていきましょう。
2008/05/13(火) 08:48 | URL | くりっくま #-[ 編集]
ポチ様
追加です。
「グ具合」・・ろいうのは只の打ち間違いです。
(>_<)
ゴメンナサイ
2008/05/13(火) 08:49 | URL | くりっくま #-[ 編集]
軸通貨についてですが
こんばんは 
また少しサヤ取りについて質問させてください。
キヨヒサさんの実例ゴーツーポンでは軸通貨が豪ドルですが、もしこれを逆にポンドを軸にしたポンゴーツー(笑)にした場合、どのような相違が出るでしょうか。
2008/05/15(木) 01:17 | URL | kei #-[ 編集]
kei様
お世話になります。
ポンゴーツー・・・ですか
舌を噛みそうですね。
これは特に問題はないですよ。
(*^。^*)
見え方が変わるだけです。
縮小・拡大の推移の見方さえ間違えなければ良いと思います。
英ポンド軸通貨は面白いと思います。他の通貨の組合わせは興味深いです。
2008/05/15(木) 08:50 | URL | くりっくま #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://click365.blog44.fc2.com/tb.php/526-759b4299
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック