主婦FX破綻時のお金の3つの運命

ここでは、主婦FX破綻時のお金の3つの運命 に関する情報を紹介しています。

主婦FX破綻するとどうなる


主婦の税金もあと数回です。今回はFX会社が破綻した時の違いを復習しておきましょう。通常のFX会社とくりっく365では会社破綻時の処理が違います。具体的には3つのタイプがあります。



以下一つづつ説明してまいります



主婦FX破綻 信託保全無し


信託保全無しFX会社が破綻すると調度、今の日本ファースト証券の状況となります。預けたお金が全額返済されるかどうかは微妙になります。現在の日本ファースト証券の破綻処理でも、1~2割は減ると言われています。仮に2割減るとなれば、100万円の預け金は80万円に減る事となります。



主婦FX破綻 信託保全有り


信託保全有りのFX会社が破綻した場合は、原則預けたお金は全額保護される事になります。これは勿論FX会社が信託保全を完全に実施している事が最低条件となります。これをチェックする事は普段は出来ません。参考事例としては「金融庁の検査」があります。金融庁は検査に入ると「預かり資産の保全状況」をかなり詳しく調べます。この調査結果などは注意してみておきましょう。自分の口座を開設している先などは「信頼出来るかどうか」の基準となるでしょう。参考HP:金融庁報道発表資料。この他にも各FX会社のHPにニュースとして表示されますのでチェックしておきましょう。



主婦FX破綻 くりっく365


くりっく365の場合は、「ポジション+預けたお金の保護」が保障されます。通常のFX会社の場合は、信託保全有りの場合でもポジションは強制的に決済されて含み損などを清算してお金が返還されます。通常のFX会社ではポジションの保障が出来る会社は今のところありません。



くりっく365の場合は違うのです。仮にスター為替が破綻してハーベストフューチャーズが引継ぎ会社としましょう。そして、スター為替に豪ドル20万買いのポジションを持っていたとします。この場合、豪ドル20万買いのポジションのままスター為替からハーベストフューチャーズに口座が移動する事になります。スター為替の投資家は自分のポジションと預け金を全く傷つける事無くハーベストフューチャーズに移動出来る仕組みです。




とん平 ニッコリ

おはようございます。
とん平です。

まだ、信託保全済みのFX会社の破綻もくりっく365の破綻も現実には起きていません。それでも、この辺の仕組みを押さえておく事は大切ですよね。

・・・日本ファースト証券は数年前に口座開設自体はしたんです。でも、口座開設後の対応がおかしいので入金は止めた経緯があります。




くりっく365日記で使っている口座



主人公くりっくま君は、スター為替(旧社名スターアセット証券)で運用中です。
くりっく365取引手数料が1万通貨あたり210円!

しし丸君は、セントラル短資で運用中です。
オンライン口座開設で10000円プレゼント

FX FOR JAPAN ←ハワイ狙ってみませんか

↓本日の記事がお役にたてましたら下記をクリックお願いします(ランキング順位が上がります)。
にほんブログ村 為替ブログ FX スワップ・長期投資派へ


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://click365.blog44.fc2.com/tb.php/461-6056e1b1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック