マルチカレンシー口座 通貨乗換え戦略

ここでは、マルチカレンシー口座 通貨乗換え戦略 に関する情報を紹介しています。

FX-NAVI マルチカレンシー口座の乗換え戦略


FX-NAVIマルチカレンシー口座での投資戦略についての質問が届きました。返事をどう出せば良いかわからなかったので抜粋させて頂き、記事にさせて頂きます。


マルチカレンシー口座 質問詳細


以下、質問記事 一部抜粋(一部修正)

マルチカレンシー口座の有利性についてです。使い方によっては、FXより有利ではないかと私は思うのですが、踏み切れません。次の戦法について助言をいただけませんか。



  • 500万で5万豪ドル買ったとします。
  • 12ヶ月で52800豪ドル(元金+1年分の利息)になる計算です。
  • ある時点で対豪ドルで割安になった通貨(例えば米ドル)があれば、交換します(手数料5銭)。
  • 数ヶ月してその通貨に対して割安になった通貨(例えばユーロ)に順次乗り換えていきます。
  • この方法ならば、2つだけの通貨ペアに縛られないので、相場を予測しなくても利益が得られそうな気がします。

質問の趣旨はこんな感じです(勘違いしていなければいいのですが)。皆さんならこの戦略はどう感じるでしょう。以下に私の私見を述べさせて頂きます。

マルチカレンシー口座について補足


マルチカレンシー口座について補足させて頂きます。一つの預金口座でいくつもの通貨預金を管理出来るのがマルチカレンシー口座です。外国の銀行では一般的なのですが、日本ではまだまだ珍しいですよね。



FX-NAVIは、銀行ではなくFX会社です。ところがここでは5種類の口座の中にマルチカレンシー口座があり、その機能は海外のマルチカレンシー口座に近いものになっています。ちなみに、FX-NAVIのマルチカレンシー口座は預けた証拠金に利息がつくのですが、FX取引は出来ませんマルチカレンシー口座の機能を持ちながらFX取引が出来るようにしたのがFX-NAVIレギュラーです(この口座は私も持っています。でも一般のFX取引にはFX-NAVIメジャーなどの方がいいですよ)。

この説明だけではチンプンカンプンかもしれませんね。海外に資産を逃がす時に使われる口座とでも覚えておいてもよいかもしれません(余計わからなかったりして)。


マルチカレンシー戦略 私の私見


上記戦略の私の私見はこうです。

「それぞれの通貨が適度に上げ下げを繰り返せばうまく行く可能性が高い」

世界経済が安定している状況でそれぞれの先進国通貨が安定している状況であれば、うまくいくかもしれないと思います。ただ、気になる点を一つだけ指摘させて下さい。

「通貨の乗換えで最終的に「最弱通貨」に辿りつく可能性がある」

世界経済が不安定になると、それぞれの国の実力の差が顕著になってきます。その実力の差は為替の値として反映されます。



  • 強い国の通貨はどんどん値上がり強くなっていく
  • 弱い国の通貨はどんどん値下がり弱くなっていく

今の日本とユーロのような感じです。この傾向は数年~10年くらい続く可能性もあります。途中で乗換えをするのであれば、うまく乗換えないと最弱通貨を抱え込んで一緒に沈んでいく可能性もあり得ます。

このやり方でも、ある程度の相場技術は必要だと思います。



マルチカレンシー口座 くりっくま あせる


マルチカレンシー口座の使い方は、ちょっと不慣れなので自信がないのですが参考になれば幸いです。


くりっくま アセル

こんにちは
くりっくまです。

いや~、マルチカレンシー口座に関する質問が来るとは思っていませんでしたのでちょっとアセりました。

FXだけでなく、こういう視点で資産運用を考えるのは良い事ですね。実際にお金を動かしながらいろいろやってみると良いと思いますよ。マルチカレンシー口座であれば、先進国通貨が運用対象ですのでやられてもたかが知れています。

また、面白い戦略を思いついたら教えて下さいね。



FXとくりっく365 FAQ 目次




主人公くりっくま君は、スター為替(旧社名スターアセット証券)で運用中です。
くりっく365取引手数料が1万通貨あたり210円!

しし丸君は、セントラル短資で運用中です。
オンライン口座開設で5000円プレゼント

ひまわり証券 進化中

にほんブログ村 為替ブログ FX スワップ・長期投資派へ

コメント
この記事へのコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2008/01/08(火) 20:14 | | #[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://click365.blog44.fc2.com/tb.php/406-a00ca260
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック