為替 儲けるための場帳の意味と作り方

ここでは、為替 儲けるための場帳の意味と作り方 に関する情報を紹介しています。

為替 儲けの秘密は場帳(バチョウ)


為替の売買道具で私が最も重要しているのは場帳です。場帳は毎朝、日本経済新聞から値を記入します。旅行にでも行かない限り、この4年間一度もサボった事がありません。

グラフなどは、たまにまとめて記入したりしますが、場帳は絶対にサボらずにつけています。為替の売買判断はこの場帳が中心となっていて、これを記入しない限り、売買注文は一切出せないのです。

為替の場帳の写真がこれです↓。
1102batyou

今回は以下の手順で為替の場帳について説明させて頂きます。


では、始めますね。


為替の場帳の重要性


為替場帳の重要性の厄介な事は、自分で記入を始めないとわからないところですね(笑)。
くりっくま 笑う

おはようございます。
くりっくまです。
私はまだまだ未熟者なので、どこまで的を得ているかわかりませんが、今の自分のレベルで思っている事をそのまま書かせて頂きます。

為替の場帳を日々記入する事の最も重要な意味は、「値動きを体に覚えさせる」事にあると思っています。

運動や華道など習い事をした方は、この意味が理解し易いかと思います。例えば、柔道などの投げ方や受身や寝技などです。本を読み写真やビデオなどを見ればその技がどういうものかは誰でも理解が出来ます。

でも、それをいくらやっても試合では勝てませんよね。
仮に、もの凄い才能があっても県大会で優勝したりする事などは出来ず、1回戦や2回戦くらいで負けます。強くなろうと思えば思い切り練習をしなければいけません。

日々の練習で体に技を覚えこませる事が大事ですよね。

為替の場帳とはそれと同じようなものです。為替には為替独特又は通貨毎に大きな流れや値動きの特徴とかクセのようなものがあります。それらは、本を読んだり何かの教材を購入すれば大体書いてあります。

でも、何百冊本を読んでも高い教材をいくつ買っても儲かりませんよね。たまに儲かる事はありますが、継続して利益を出す事は出来ません。継続して儲ける為に何かが足りないのです。その何かが・・・

日々の練習で体に値動きを覚えさせる事です。

具体的には、場帳であり、グラフであり、売買道具だという事です。それらを日々記入し続ける事が、柔道の練習であり、値動きを体に覚えさせる事に繋がります。特に、場帳は一番重要だと感じています。



為替の場帳の書式


場帳の作り方を説明します。私は、林投資研究所が販売している株式用場帳を使用しています。

参考:FAI投資法 場帳(70枚:1600円)

1枚で6通貨ペアまで記入出来るようになっています(私は豪ドル専門なので一番左の列しか使っていません)。1枚で約3ヶ月分の値動きが記入出来ます。1年で4枚使用ですので、これで約17年分使える事になります。17年分で1600円ですから、決して高くは無いと思っています。この市販品の良い所は、丈夫なので何年使い続けても、傷んだりしづらい事です(この場帳を挟むバインダーも頑丈なものを使用して下さいね)。

場帳は、骨董品のように続ければ続ける程価値が出てきます。5年後や10年後に過去の値動きを遡ったりする時に、ボロボロになっていては意味がないのです。

自分で場帳を作ろうという方は、以下の事に注意して下さい。


  • ノートは、必ず頑丈なものを使用
  • 横に通貨名:縦に日付を記入
  • 1ページに1列が原則(余白はそのまま)
  • 鉛筆不可。線なども丁寧に引く。

この場帳がこれから数百万円あるいは数億円儲けさせてくれるというつもりでお金と手間をかけて作成して下さい。あとで何十・何百回と見直すという事を前提に頑丈で見栄えの良い紙を使用する事も重要です。

絶対にここで費用をケチらないで下さい。



為替データの入手方法


場帳を作成したら、次は毎日の値の記入です。てっとり早いのは翌日の新聞の値の記入から始める事です。この時の私が注意している事はこれです。


  • 少数点第二位は切り捨て(102.25であれば102.2と記入)
  • 新聞の値は、通常の取引値に1~2円上乗せしてあります(銀行店頭での外貨購入の値のため)。どれくらい上乗せしてあるかは頭の中に入れておきましょう。日本経済新聞では豪ドルで約2円上乗せしてあります。新聞値で104円というのは実際には102円という事です。

これを半年~2年くらい続けると、なんとなく値動きの波がわかるようになってきます。ちなみに、私は豪ドルを記入始めて約4年になります。スワップ派などは、低レバレッジでノンビリスワップ受け取りながら続ければいいと思います。事実、私はそうやって続けてきました。

でも、そんなに気長に待てない人もいますよね。

そういう時は、過去2年分以上遡って書く事をオススメします。
過去データは、各FX会社で提供しているところもあります。
参考までに、ユニマット山丸証券でのデータ入手方法をご紹介しておきます。

  • 口座開設後、ログインして画面右上の「チャート」をクリック
  • チャート画面で「ライン」「日足」に変更→「ファイル」「CSVとして取得」の手順で自分のパソコンにデータっを取り込めます。
  • 四本値が取得できますが、使うのは本日清算値のみです。

これで、くりっく365が始まった2005年7月以降のデータが入手出来ます。過去2年くらい遡れば十分なので、これくらいのデータがあれば良いでしょう。

尚、場帳の値動きの追いかけ方は、板垣浩氏の本が一番参考になります。そちらも併せてお読み下さい。

参考記事:うねり取り 相場師の本

板垣氏はうねり取りの相場師であり、この本はうねり取りの本ですが、日々の場帳の見方は全ての投資法で参考になる部分です。



FX投資の基本 売買道具編 目次




デイトレーダーの知り合いが私にはいません。デイトレーダーは、投資スタイルが私とあまりに違うのでここでの記事はお役に立てないかと思われます。



主人公くりっくま君は、スター為替(旧社名スターアセット証券)で運用中です。
くりっく365取引手数料が1万通貨あたり210円!

しし丸君は、セントラル短資で運用中です。
オンライン口座開設で5000円プレゼント

うねり取りはプロが多い

にほんブログ村 為替ブログ FX スワップ・長期投資派へ

コメント
この記事へのコメント
こんばんは。メルマガ「相場生活入門」
の一読者です。
私は場帖の書き方が実はずっと分からな
かったんですよ。今回の記事、ものすごく
有益です!!ありがとうございました。
玉帖、グラフの解説も期待しています(^^
2007/10/04(木) 04:53 | URL | ししまる #-[ 編集]
ししまる様
(*^。^*)
お役にたてて幸いです。
次のグラフも出来るだけわかり易く書いてみます。
文章が長すぎてゴメンナサイです。
2007/10/04(木) 10:48 | URL | くりっくま #-[ 編集]
こんばんは、「相場生活入門」をいつも読ませて頂いています。本日清算値とありますが、スター為替のログイン画面などの前日清算値でもいいのですか?
2009/11/11(水) 18:50 | URL | #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://click365.blog44.fc2.com/tb.php/350-19a4c179
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック