FX トレード派はくりっく365の損失繰越控除と損益通算は必須

ここでは、FX トレード派はくりっく365の損失繰越控除と損益通算は必須 に関する情報を紹介しています。

トレード派FX会社選び


トレード派とは為替売買中心で利益を出していこうとする投資家の事です。スワップ金利中心で利益を出していく私のような投資家をスワップ派と呼びます。FX運用でトレード中心の方は、以下の3つのポイントを考慮して下さい。


  • FXでも株でも投資家で儲けている人は10%以下
  • 損失繰越控除が出来るくりっく365
  • くりっく365は日経225先物などとも損益通算出来る

結論から言えば、トレード派の方は基本的にスター為替などのくりっく365が有利になります。



トレード派くりっく365にしないと不利


くりっくま 怒る

おはようございます。
くりっくまです。
トレード派の方は、FX業者選びではくりっく365にすべきだと思っています。くりっく365も取扱い通貨が少ないなどの不利な点はいくつかあります。それでもそれを補ってもくりっく365の優位性は揺るがないと思っています。

FXでも株でも投資家で儲けている人は10%以下


マネー雑誌などで最近よく書かれているようですので、この辺は個人投資家の間でも大分認識されてきました。私の20年間の投資歴の中では、10%でも「結構多いかな」というのが正直な感想です。現実は、「5年以上通算してトータルで儲けている人は10%もいない」というのが実感です。

それだけ、投資で儲ける投資家になるのは難しいと言えます。特にトレード派は、スワップ派以上に一年間の損益のブレが出易いはずです。儲かった年はしっかりと税金を払う。損した年は損したまま。では、数年で大きな差が出てきます。



損失繰越控除が出来るくりっく365


くりっく365の損失繰越控除トレード派のためにある制度と行っても過言ではありません。スワップ派であれば、低レバレッジにしておけば、円高で含み損が貯まっても決済しないで我慢するという手も使えるため、損を出しづらくする事も出来ますが、トレード派はそれが出来ないからです。


  • 今年のくりっく365は100万円の損だった。
  • 翌年のくりっく365は100万円の利益だった。
  • 今年は税金ゼロ、翌年も100万円の損を相殺するので税金ゼロ

通常のFXであれば、翌年の利益100万円に税金がかかってきます。税率20%の方であれば、20万円の支払いです。FXもくりっく365も同じ為替取引です。この20万円はつまらない出費だと私は思うのです。



くりっく365は日経225先物などとも損益通算出来る


日経225miniや金など、最近はFXと先物取引を両方行う方も多いですね。くりっく365はこの先物取引と損益合算する事も出来ます。


  • くりっく365で100万円の損
  • 日経miniで100万円の利益
  • 100万円ー100万円=合計利益0円なので税金ゼロ

これも、通常のFX会社であれば、FXで100万円の利益に対しては別途税金がかかってきます。「くりっく365と先物取引の合計で儲ければ良い」と出来るほうが理想的なはずです。



くりっく365 良悪 7タイプ目次






主人公くりっくま君は、スター為替(旧社名スターアセット証券)で運用中です。
くりっく365取引手数料が1万通貨あたり210円!

しし丸君は、セントラル短資で運用中です。
オンライン口座開設で5000円プレゼント

手数料無料FX CMCマーケット 英・豪に強い!

にほんブログ村 為替ブログ FX スワップ・長期投資派へ

コメント
この記事へのコメント
豪ドル円強いですね。
お世話になっています。
メルマガ拝見しました。
豪ドル強そうですね。
同じ高金利通貨でも戻りの感じがかなり違いますね。
資源高ゆえ、豪ドルやカナダが強いですね。
ちなみに、新興国通貨でも、キウイ円やランド円はゆったりですが、金利17%のトルコ円の戻りはすさまじく強いです。
(Hirose TraderのデモトレードでTRYのチャート見れます)
2007/09/25(火) 16:19 | URL | saru999 #l0yaxqJ6[ 編集]
(*^。^*)
SARU様、お久し振りです。
どうなるかわかりませんけど、いろんな可能性のある相場展開にドキドキしております。
2007/09/26(水) 10:46 | URL | くりっくま #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://click365.blog44.fc2.com/tb.php/344-6f0aa03e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック