スワップ投資 買い平均値を下げる努力が大切

ここでは、スワップ投資 買い平均値を下げる努力が大切 に関する情報を紹介しています。
スワップ投資で買い平均値を下げていく努力は大切です。現在、私の運用は買い平均値を下げる事が目標の一つです。

買い平均値を下げておけば円高相場でも安心。
買い平均値を下げておけば円安相場になると利益が更に拡大。


とにかく、悪い事は一つもありません。

昨日5万豪ドル買い、本日5万豪ドル売り、を行っています。これは、買い平均値を下げるための売買です。まだまだ円高局面は続くと私はみています。この局面で少しでも買い平均値を下げておくつもりでいます。

ミロ はてな

おはようございます。
ミロコです。

昨日買ったと思ったら今日は売り。
ちょっと忙しい感じですね。
でも、買い平均値は確実に下がっているみたいです。

只今の合計ポジションです。

豪ドル 15万買い
買い平均値 103.80円
スワップ金利累計 17,165円
損益分岐点 103.69円

先週の7月27日の買い平均値は、105.25円でした。この記事で確認出来ます。記事「豪ドル チャンスと破滅の分岐点」

105.25円→103.80円ですから、この1週間で買い平均値を1円45銭下げた事になりますね。しかも、買いポジション合計は15万豪ドルと変わっていません。

くりっくま兄ちゃんは、これからも少しづつ買い平均値を下げていくつもりのようです。買い平均値が低くなったという事は、円高相場に強くなったのと同じ意味があるようです。

・・ミロコには、ちょっと難しいのでよくわからないですけどね。

でも、儲かり易くなっている気がするのでよしとしておきます。

主人公くりっくま君は、スター為替(旧社名スターアセット証券)で運用中です。
くりっく365取引手数料が1万通貨あたり210円!


しし丸君は、セントラル短資で運用中です。
オンライン口座開設で5000円プレゼント

スター為替 安心して使えるFX会社
レバレッジ400倍? ヒロセ通商
コメント
この記事へのコメント
質問です。買い平均値を下げるための売買ですが、この場合高値で買ったものを損切ということですよね?
2007/08/03(金) 12:24 | URL | tera #-[ 編集]
tera様
(*^。^*)
そうです。
安い所で買い、少し上がった所で高い値で買っていたポジションを損切りするという事です。
単純に損切りするより、損が少なくなるという効果があります。
・・・ この説明でご理解頂けるかしら?
2007/08/03(金) 14:28 | URL | くりっくま #-[ 編集]
こんにちわ
今回の円高は疲れますた。。。
でも、マコには3倍くらいのレバレッジがいいのかとちょと分かったような気がします。
クリック真先生もがんばってくださいね~☆
2007/08/03(金) 17:02 | URL | マコ #8iCOsRG2[ 編集]
あたまではわかるののの、、、
>理解頂けるかしら?
高度な技法ですね。
頭では理解ですが、、、
建玉の管理が難しそうな。。。
私は頭が追いつかずに、単に下で買ったものを利益確定してしまいそうです。
つまり、私のように単純に下で買ってちょっと上がると売るとその利益は外の確定益になるのに対し、
くりっくまさんのこの技法は含みの損益をコントロールするわけですね。もちろん、建玉の平均を下げることになるわけですが、、、
このくりっくまさんの技法の先には節税のためにどちらの建玉を売買するかという面にも使えそうですね。
やっぱり、くりっくまさん普通の人とやることが違う。。。
2007/08/03(金) 17:05 | URL | saru999 #l0yaxqJ6[ 編集]
マコ様
レバレジ3倍くらいが調度いいのかとちょっと分かった・・。
(*^。^*)
おお、マコさん、とっても重要な気づきを得られたようですね。
・・その気づきは非常に大事です。
忘れずに、今後も守って下さいね。
SARU様
(・_・;)
あっ、一つ誤解があります。
くりっく365は、ファストインファーストアウトです。そのため、決済する時にポジションを選ぶ事が出来ないのです。
・・ただ、円高局面の時は、古いポジションほど高値で買っているので、うまく損切りをしていけるという事でもあるのです。
(T_T)
説明不足でスミマセン
2007/08/06(月) 10:40 | URL | くりっくま #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://click365.blog44.fc2.com/tb.php/312-02f05a70
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック