実質手数料比較 くりっく365は本当に不利なのか?

ここでは、実質手数料比較 くりっく365は本当に不利なのか? に関する情報を紹介しています。
実質手数料比較 くりっく365は本当に不利なのか

スプレッド+手数料=実質手数料です。
スプレッドというのは、売りと買いの差の事です。このスプレッドは、FX会社によって差があります。FXの影の手数料とも言われています。株式投資からFXの世界に入った方などは、スプレッドがなかなか理解出来ない方もいますね。

買気配90.90 - 売気配90.95

となっていれば、スプレッドは5pipです。
買気配は、銀行が私達から買う値段です。私達が売る時の値段をいいます。
売気配は、銀行が私達に売る値段です。私達が買う時の値段はここを見ます。

90.95で買って、すぐ売却しようとしても90.90でしか売れないという事です。これが、スプレッドが影の手数料と言われる理由です。

今日は、手数料無料のFX会社とくりっく365を比較してみます。

手数料無料のFX会社は、大平洋物産を使います。
手数料ゼロのFX-REAL

大平洋物産は手数料無料です。
米ドル・ユーロのスプレッドは、約5pips
豪ドルのスプレッドは、約8pips

となっています。

最近のくりっく365のスプレッドはこうです。
米ドル・ユーロは、1~3pips
豪ドルは、2~5pips


これが、証拠になるくりっく365の画面です。
スターアセット証券の画面を使っています。

ちょっと切り取ったのですが、確認出来るでしょうか?
くりっく365 その2




くりっくま 笑う

おはようございます。
くりっくまです。

FX取引は、手数料やスプレッドが各社違っていてわかりづらいですよね。今回の記事は、それを理解して頂くつもりで書きました。

くりっく365採用のFX会社で手数料無料は今のところはありません。このスプレッドに手数料が加わったの実質の手数料となります。

くりっく365の手数料は、一番安いスターアセット証券で片道210円というところです。デイトレした場合は、決済手数料が105円ですので、往復手数料は、約3pipsとなります。これをスプレッドと合計すると実質手数料が出ます。

合計すると大体こうなります。

米ドル・ユーロ 4~7pips
豪ドル     5~8pips


上記の大平洋物産と比較してみて下さい。
あまり、差が無いですね。
ここで忘れてはいけなのがスワップ金利です。

スワップ金利はくりっく365の方が高い。 

大平洋物産に限らず、手数料無料のFX会社はスワップ金利は他社より低目になり易い傾向があります。

それでも、大平洋物産のスワップ金利は高い方ではあります。それでも、くりっく365のスワップ金利にはかなわいません。

長く保有すればする程、くりっく365が有利になっていくという事でもあります。



主人公くりっくま君は、スターアセット証券で運用中です。
10万円から始めるスターアセット証券のくりっく365

しし丸君は、セントラル短資で運用中です。
オンライン口座開設で5000円プレゼント




150通貨ペアFX-NAVI
非常識な投資マニュアルNO1
コメント
この記事へのコメント
こんばんは
くりっくまさん こんばんは
お久しぶりです。
今朝、
豪ドル日本円 売り
豪ドル米ドル 買い
を仕掛けました。
いつもとは違い技量が問われる仕掛け
そんな気がしました。
2007/06/12(火) 23:26 | URL | 外国為替サヤ取り☆Zaki #8iCOsRG2[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://click365.blog44.fc2.com/tb.php/276-bd3b99fa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック