FC2ブログ

”イジメ”の試練訪れる・・・試練をチャンスに変える好機到来とせねば・・。

ここでは、”イジメ”の試練訪れる・・・試練をチャンスに変える好機到来とせねば・・。 に関する情報を紹介しています。
試練をチャンスに変える

言葉の響きは良いものの、これが出来る人は少ないですよね。

若い頃から試練にぶちあたって鍛えられることが必要なのかなと思っています。

息子も「試練をチャンスに変える」力のある人間になって欲しいものです。

調度、その試練となりそうな場面が訪れてきた気がします。

息子が・・・どうもイジメ・・・に合っているようなのです。体が小さいせいか、これまでもイジメ的な目にあったことはありました。でも、幼稚園などでは母親の目がいきとどくので深刻な状況になるようなことはなく、息子にとっても試練とも呼べない状況できていたのです。

今回は違います。

まず、相手の格が違う。

1年生なのに2年生にさえも平気で噛みつくタイプです。そして、子分もいます。子分と息子はもともとそれなりに仲良くやっていました。でも、その親分が登場してからは、その子分となりはてています。

更に、今はその子が「息子を自分の子分」とすべく息子に絡んできているようです。

何かあると「親分にいうぞ!」が、お決まりの脅し文句・・・虎の威をかるキツネにすぎないんですけどね。

でも、親分は既に相当の悪です。

昨日、学校に行く機会があり、その親分をみたのですが誰に対してでもナナメに構えたタイプで気の荒さを隠そうともしません。

今日息子が遂に告白してくれました。

「●●君(親分)と●●君(子分)と学校に行きたくない。」

母親同士の話し合いで、一緒に学校にいかなくなりそうな方向性で、この件については話はつきそうです。

次の課題は、「息子のパワーアップ」です。

これからもイジメっこなんてのは、どんどん出てくる。その度にターゲットになるような弱弱しい子供ではいけないですよね。

本人もそう思っているようです。

これは、チャンス・・・ですよね。

ずっと武道を習わせる機会を探していたのです。

明日、近所の空手道場へ連れていってみる予定です。

男は優しくあらねばならない。しかしながら、ただの優しさは軟弱者とみられやすい。周囲にも認められるには「強さも兼ね備えた優しさを持つ必要がある。

これを実行に移す好機が到来したようです。

明日、体験道場で息子を試してみます。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://click365.blog44.fc2.com/tb.php/2492-a7c519d0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック