荒れ相場は迷ったら終わり・・・釜石の奇跡に学ぶFX版「津波てんでんこ」

ここでは、荒れ相場は迷ったら終わり・・・釜石の奇跡に学ぶFX版「津波てんでんこ」 に関する情報を紹介しています。
荒れ相場は見ているに限る

為替相場荒れていますね。

先日、岩手の実家に帰ったときに大震災当時の釜石の話が地元の新聞に載っていました。私も知らなかったのですが、釜石は海沿いの人口の多い都市にもかかわらず生存率99.8%と被害を最小限にとどめた地域でもあります。

被害を最小限にできたのが釜石に伝わる「津波てんでんこ」の教えなんです。

てんでんことは各自のこと。海岸で大きな揺れを感じたときは、津波が来るから肉親にもかまわず、各自てんでんばらばらに一刻も早く高台に逃げて、自分の命を守れ-という意味です。

この教えが釜石では徹底していたため、多くの市民が難を逃れたのだそうです。

津波がきてみれば、当たり前の対応のようですが、大震災当時「みんなで逃げよう」として全員が津波に呑み込まれてしまうという惨事が各地で起きました。

FXにおける荒れ相場もこれと同じかなという気がします。

作ってみました。

FX版「津波てんでんこ」

荒れ相場を見に行ってはいけない。
荒れ相場になったらどうするかはあらかじめ決めておく(豪ドル円買いで入る等)。
荒れ相場がきたらそれができるかどうかをまず考える(勇気でないから無理など)。
勇気なくてできそうになかったら・・・逃げろ!(売りでいこうなんて方針転換はもってのほか)

荒れ相場は終わるまで逃げて、自分のお金を守れ!


古今東西、荒れ相場で破滅する投資家は多いです。一見儲かりそうに見えるかもしれませんが、現実は儲からないことの方が多いんですよね。

一番やってはいけないのが「迷う事」です。荒れ相場で迷ったら、ほぼ間違いなく津波に呑み込まれるような状況となります。

荒れが収まってから波に乗るのがもっとも無難で楽に利益をだせます。

にほんブログ村 為替ブログ FX スワップ・長期投資派へ にほんブログ村 為替ブログ 豪ドルへ にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ

只今タイアップして頂いている業者さんです。お気楽FXとくりっく365日記からの申込みが対象です。

為替ライフ 「為替サヤ取り教室」プレゼント中
ライブスターFX 亀千人投資術

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://click365.blog44.fc2.com/tb.php/2379-7ff84813
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック