専業トレーダーの住宅購入 諸費用・手数料と今後の課題まとめ

ここでは、専業トレーダーの住宅購入 諸費用・手数料と今後の課題まとめ に関する情報を紹介しています。
専業トレーダーが買った中古住宅 収支まとめ

昨日、住宅ローンが無事実行されて新居購入が完了しました、中古住宅なので、引越前に掃除が必要な状況です。少しメンテナンスもやりたいので、その辺を掃除しながら考えているところです。

参考までに今回の経費をまとめてみました。これから中古住宅購入される方の参考と、将来もう一度購入することがあったら節約できる部分を考える参考にしたいと思っております。

住宅購入なんて一生に何度もするものでもありません。そのため、手続き中は全体像が見えにくく節約できる部分があってもわからないんですよね。まとめておけば「ここは減らせるよね」という対応ができる部分が結構あるんです。

今回の記事は、法人口座を持っている専業トレーダーで住宅ローン検討している方にはとても役に立つ内容かもしれません。

購入内容

・購入値 1650万円(当初の販売値1850万円を200万円値引きして頂く)
・住宅ローン部分 1450万円(フラット35s 5年)
・金利 最初の5年間0.68% 6年目以降1.128%)

この条件でかかった各種手数料一覧
 不動産手数料 609,400円
 司法書士手数料
  ・所有権登記 204,792円(内訳実費145,660円+報酬52,900円)
  ・抵当権登記 90,714円(実費15,700円+報酬75,014円)
 固定資産税清算金 11,188円
 融資事務手数料 140,940円
 団信保険料     51,900円(1年分)
 火災保険料    110,200円(10年分)
 適合証明書     43,200円(フラット35は必須)
 融資印紙代     20,200円
 他各種証明書   約3,000円(不要なものもあったのですが、それを含めた実費。)

合計 1,285,534円

入居前にかかる費用
 引越代           100,000円
 ガス器具交換(築10年以上の中古住宅のため入居前に変更)
 ・レンジ新品に交換    130,000円
 ・ガス設備交換      150,000円
 物置設置          100,000円

合計 480,000円

*築10年以上で特にメンテナンスをしていない中古住宅を購入する場合は、壊れていなくても交換した方が良い設備があるものです。これに備えて、最低でも50万円は準備しておくほうが良いです。

ミニ知識

*抵当権登記は、銀行のしばりにより変更不可。

*フラット35が通るかどうかわからない方は、申込先を厳選すべし。私は、一人法人の決算書が良くない状況だったので「基本的に決算書不要」でやってくれる銀行を探して申込みをしました。融資の必要書類は銀行が申込内容に応じて判断するので、仮申し込みをしてみないとわかりません。でも、キワドイ方はマメに調べた方がよいです。なぜなら、某住宅メーカーさんの話によると、フラット35はどこかで一度落ちてしまうと2年くらいはダメになるようす。ちなみに、フラット35以外の住宅ローン審査で落とされてもフラット35の審査には影響は無いようです。

*フラット35は、金利は同じなのですが事務手数料などに大きく差があります。私の融資金額でもメガバンクを利用すると事務手数料だけで30万円くらいになるところもありました。

*火災保険料は、最初の見積もりでは20万円以上のものばかりでした。保障内容をみて「住宅ローンを通すために必要な部分だけ契約」という形にしています。保障額自体も最低限にしたので火事のときはちょっと心配です(汗)。

*フラット35以外の住宅ローンでは、保証料という別途手数料を取られることがあります。これは高いです。私の場合、某銀行では50万円以上を請求されました⇒それでも審査落とされました。まあ、これはこれで良かったですが、その時は「俺ってこんな高い保証料払ってもお金貸してもらえないのか」と大分落ち込みました。。ちなみに、フラット35は、保証料はないのですが通るか通らないかというのが原則のようです。

次回の課題

節約できそうなポイントは、司法書士の所有権登記部分。不動産登記は、抵当権登記担当と所有権登記担当の2人の司法書士に依頼することも可能です。普通に考えれば、こうすると手数料が高くなる気もするのですが、数万円安くなることもあるそうです。

私は、自分で司法書士を依頼したのが始めてだったので不安で1人に全部依頼しました。

それと、不動産手数料自体を無料にしてくれる不動産会社もいくつか存在します。ただ、融資金融機関のしばりがあったりします。これも、融資を受けやすいかどうかで利用価値が違ってきます。良い物件を扱っていて、融資も大丈夫そうであれば検討したいところです。

今後の予定

住宅ローン控除が今後10年間使えます。この節税税額合計は各種諸経費手数料分くらいに相当します。

当初予定よりも金利は相当安く借りられました。しかも固定金利なのでとても助かります。あとは、住宅ローン購入予定だった資金を増やしながら返済をしていくことにします。年間6%くらいで運用出来れば、元金+利息を返済できる予定です。

にほんブログ村 為替ブログ FX スワップ・長期投資派へ にほんブログ村 為替ブログ 豪ドルへ にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ

只今タイアップして頂いている業者さんです。お気楽FXとくりっく365日記からの申込みが対象です。

為替ライフ 「為替サヤ取り教室」プレゼント中
ライブスターFX 亀千人投資術

コメント
この記事へのコメント
おはようございます♪
いろいろと経費が大きいですよね~
うちは、結局20年返済を選びました。
そのぶん、借りられる金額が小さくなりましたが経費や利息も抑えることができました。
あとは、FXでローン返済するだけですw
2015/11/22(日) 10:24 | URL | ゆうみ #-[ 編集]
おはようございます♪
いろいろと経費が大きいですよね~
うちは、結局20年返済を選びました。
そのぶん、借りられる金額が小さくなりましたが経費を抑えることができました。
あとは、FXでローン返済するだけですw
2015/11/22(日) 10:25 | URL | ゆうみ #-[ 編集]
Re: おはようございます♪
ゆうみさん

> あとは、FXでローン返済するだけですw

(*^。^*)
それでいきましょう!
2015/11/23(月) 08:56 | URL | キヨヒサ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://click365.blog44.fc2.com/tb.php/2365-a06a3e0e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック