気迫なき者は去るべし FXを止めるタイミング

ここでは、気迫なき者は去るべし FXを止めるタイミング に関する情報を紹介しています。
FXから去る時がいつかくる。

FXを一生続けていくつもりでいる。

でも、いずれ止める時がくるかもしれない。

それは、いつなのか。

この止め時はとても難しい。人間というのは本来往生際が悪くできている。歯車が狂いだしポジションを決済せねばいけないと感じていても、それが出来ずに引っ張り続ける。そんな事をいつまでも続けてしまう。多くの場合、大損して気力が尽きた時が止め時となってしまう。

これでは、折角増やした資産を維持できないことになってしまう。

もっと適切な止め時はないだろうか。ずっと考えていました。私なりの一つの答えが浮かんだので書いておきます。

勝負に挑み続ける気迫が無くなったときに相場から去ろう

どこかのタイミングで「勝負する」という気持ちが薄れてくることがあるかもしれません。その時に、相場の世界から去ろうと思います。

トレーダーとは愚かな職業です。すべての売買で利益を出そうと全力を傾けます。でも、全力を傾けても勝率はせいぜい5割というところで、その中で利益を確保していくのが技術ということになります。

最後に利益を出すためには「勝負に挑む気迫」は重要です。見方を変えれば、全力を作るからこそ好成績が維持できます。いくら技術が上達しようとも気迫が枯れたらその人はトレーダーの人生は終わっています。

そこを私の引退時にしようと思います。

でも、出来るかなぁ。

人間は往生際の悪い生き物ですからね。僕も人間だからねぇ・・・・。

引退年齢でも決めた方がいいのかもしれませんね。相場の神様「山崎種二」さんも晩年は相場から身を引いていました。

この世界も老害とでもいうべき現象がおきることがあるからです。大相場師が高齢になって勝負をして大敗北をするという事例がよくあります。残酷な話ですが、いかに高い技術があろうと年を取ると力が衰え始めてしまうのです。

山崎種二さんはそれをよく知っていたのでしょうね。

私も見習うつもりです。70歳くらいが目安・・・でも、僕も往生際が悪いからできるかなぁ・・・・。

にほんブログ村 為替ブログ FX スワップ・長期投資派へ にほんブログ村 為替ブログ 豪ドルへ にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ

只今タイアップして頂いている業者さんです。お気楽FXとくりっく365日記からの申込みが対象です。


為替ライフ 「為替サヤ取り教室」プレゼント中
ライブスターFX 亀千人投資術
アイネットFX 「億をかせぐトレーダーたち」





コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://click365.blog44.fc2.com/tb.php/2289-c2696e7b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック