商品先物再開 古巣に戻った安心感

ここでは、商品先物再開 古巣に戻った安心感 に関する情報を紹介しています。

商品先物再開 古巣に戻った安心感



最近、「コーン」の帳簿記入を始めました。「コーン」と書いても何のことかわからないかもしれません。日本では「トウモロコシ」の方が一般的ですよね。

CFD取引の銘柄に「コーン」があったので、いろいろと調べてみたところ商品先物の「US コーン」と値動きが同じようなので、久々に手掛けてみようかと気になったのです。

商品先物って書くと、「危ないですよ。止めた方が良い!」という諌めの言葉をいただくのですが、私の場合すでに手遅れなのです。メルマガ読者歴の長い方は知っている方も多いのですが、私のもともとの専門は商品先物です。特に農産物系が好きで、商品先物の世界に10年以上どっぷりと浸かっていた時期があります。

でも、日本の商品先物市場がものすごい勢いで衰退してしまったため、やむなくFXに鞍替えをして現在に至っています。

商品先物は、すごく誤解されている投資商品の一つなんですよね。

昔は、商品先物にはプロ・セミプロが多いといわれていました。これには理由があって商品先物は理論的に考えるとうまくいく傾向があります。要は、勉強熱心でしっかりと研究する人は儲けやすいということです。

嘘偽りない気持ちで書きますが・・・・

勉強熱心を自負する方であれば、商品先物はとてもおすすめです。

でも、商品先物会社の社員に相場の方向性とか聞いてはいけません。彼らは「相場のプロ」ではなく、「相場をやらせるプロ」だからです。売買して手数料を落とさせるのはうまいのですが、儲けさせてくれるわけではありません。

商品先物業界が過去に強引な勧誘をしてさんざん評判を落としたのはご存知のとおりです。

だから、ネットがまだなかった時代の私の口座開設時の決まり文句は「担当者は要りません。諸連絡は窓口のかわいい女の子でお願いします」でした。

まあ、窓口のかわいい女の子にもやり手がたまにいて、乗せられたこともあるんですけどね(汗)。

それはさておき・・・・

昔手掛けていたのは「アラビカ コーヒー」でした。今回は「US コーン」です。帳簿記入を始めて「いけそうだ」という手応えも感じているので、近いうちにお試しのポジションを作ろうかと思っています。

商品先物の帳簿記入を開始して、古巣に還ってきた安心感のようなものがあります。人間も初対面が重要といいますけど、投資も最初の感覚は大事ですよね。今年は試し売買の年として、来年以降は本格的に収支化できるようにじっくりとやっていきます。

・運用資金100万円
・売買枚数10枚×3分割

これが、今年の布陣です。

にほんブログ村 為替ブログ FX スワップ・長期投資派へ にほんブログ村 為替ブログ 豪ドルへ にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ

只今タイアップして頂いている業者さんです。お気楽FXとくりっく365日記からの申込みが対象です。


為替ライフ 「為替サヤ取り教室」プレゼント中
ライブスターFX 亀千人投資術
アイネットFX 「億をかせぐトレーダーたち」

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://click365.blog44.fc2.com/tb.php/2250-c2272569
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック