FX 投資の基本 売買道具

ここでは、FX 投資の基本 売買道具 に関する情報を紹介しています。

為替 売買道具整理


為替口座の今年の売買記録をまとめています。スター為替の独自システムのお陰で売買記録整理も楽になりました。前までは、売買記録を切り取れなかったのですが、独自システム導入で切り取ってエクセルなどで加工が出来るようになりました。

これは、スター為替のHPなどでは書かれていません。多分、私のように玉帖を作ったりする人が少ないからでしょうね。結構、面倒な作業ですからね。

でも、自分の売買記録を見易いように整理しておくと良い事が多いでのです。



  • 自分の売買の欠点を見つけられる。
  • 自分の未熟さも見つけられる。
  • 数年続けると自分の成長が実感出来る。

為替 売買道具 3日坊主のとん平


為替売買道具っていろんな効果があるんですね。


とん平 笑う

おはようございます。
とん平です。

為替の売買道具の整備は続けないと意味がないそうです。2年・3年と続けていけばいくほどその意味がわかってくるそうですよ。僕は、3日坊主だから無理かな。

・・・ でも、儲かるんだったらやってみようかとも思っています。
とん平君、今度こそちょっと本気のようです。



くりっく365日記で使っている口座



主人公くりっくま君は、スター為替(旧社名スターアセット証券)で運用中です。
くりっく365取引手数料が1万通貨あたり210円!

しし丸君は、セントラル短資で運用中です。
オンライン口座開設で5000円プレゼント

ユニマット山丸証券 独創性はここ         

にほんブログ村 為替ブログ FX スワップ・長期投資派へ

FXの資料の作り方


売買道具の最後は、資料の作成です。こう書くと難しそうですが、やっている事は簡単です。ちなみに、スター為替口座での投資判断には資料は使いません(理由は後で述べます)

「毎朝、日本経済新聞を読んでいる時に豪ドルの記事を切り抜き貼っておく」

でも、豪ドルの記事って一ヶ月に2~3回くらいしかないんです。私の場合、ホームページのネタになりそうなものも一緒に切り取って貼り付けています。ちなみに、スクラップブックは、画家が使う大きなスケッチブック(500円くらいのノート)を使用しています。この資料にも様々な意味があります。



  • 資料でわかる運用通貨国経済の流れ
  • 資料でわかる情報で投資判断をする無意味さ
  • 資料も長く続ける程価値が出る


資料でわかる運用通貨国の流れ


資料を貼った後に定期的に眺めると、運用通貨国の経済の流れがよく見えるようになってきます。
くりっくま 笑う

こんにちは
くりっくまです。

私の運用通貨は豪ドルですので基本的に豪関連の記事だけをスクラップしています。ですので、サブプライム問題関連の記事のスクラップは一つもありません。

私のような運用スタイルの場合、「サブプライム問題が再燃したらどうしよう」などという事を考え出すと運用自体がうまくいかないのです。

・・・本題に戻りますね。

例えば、豪経済というのは凄く好調に見えますよね。

「豪の景気拡大 17年目に」(2007年6月28日記事

豪ドルがよく上がるのも理解出来ます。その一方で、死角もいろいろと出てきています。



  • 経済好調の主因は資源高。しかし、その裏で松下などの大企業の製造業の工場撤退も進んでおり、産業空洞化の傾向が出始めている。
  • 小麦が2年連続の干ばつで大減収

等など・・様々な問題も出てきています。資源高頼みの経済となってきているため、資源高が止まってくるとどこかで大きくクラッシュする可能性があるという事でもあります。そして、農業国としての部分も危うさが出てきているのも見逃せない部分です。

新聞記事を継続して貼り付けていくと、普段あまり話題にならない国の事でも、流れが見えてくるようになります。良い情報ばかりでは無い事もわかるので無謀な事はしなくなりますよね。



資料でわかる情報で投資判断をする無意味さ


スター為替口座でのこのブログの売買の判断に資料は使いません。それには重要な意味があります。

新聞の記事の中には、必ず「こういう理由なので豪ドルは上昇しそうだ」などという記者さんの予想見通しが書かれています。それの勝敗率などを調べてみると面白い事がわかります。

「当たる確率は50%を超える事はありません」

これは、半年くらいではなく、2年や3年分くらい集めるとはっきりします。マネー雑誌などでこれをやってみても同じ結果です。特に証券会社や通貨ディーラーの言葉ほどよくはずれます。これをやる事により、私の心の師匠である林輝太郎氏がよく本に書いてある言葉が理解出来るようになります。

「情報を集めて投資判断しては駄目」
「大損の原因になるので止めなさい」


これらの言葉は、林先生の本を読んだ事のある方であれば、一度は目にしている言葉です。投資初心者の方などは、この言葉を理解する事はほとんど困難だと思います。その気持ちは私もわかります。世間の常識とは全く逆ですからね。

でも、情報に頼っている内は絶対に儲かりません。私の周りで儲けている人は、皆情報は無視する人ばかりです。資料を整理し、情報は投資判断に使えない事を理解する事は、儲ける上で重要なステップと言えます。



資料も長く続ける程価値が出る


資料の価値は、長く続ければ続ける程価値が出てきます。上記で書いた事が「本当にそうだ」と理解出来るようになるのも長く続ければこそです。まだ資料など持っていない方、明日からでも良いので少しづつ始めてみてはいかがでしょう。



FXの投資の基本 売買道具編は本日で終了です。ここまでしっかりと読まれた皆様、あとは実践あるのみです。記事を読むだけでは何も変わりません。

儲け続ける投資家への道は行動によってのみ切り拓かれます。

今回の連載が皆様の行動開始のきっかけとなる事を祈り、ペンをおかせて頂きます。

最後までお読み頂き、ありがとうございました。




FX投資の基本 売買道具編 目次




デイトレーダーの知り合いが私にはいません。デイトレーダーは、投資スタイルが私とあまりに違うのでここでの記事はお役に立てないかと思われます。



主人公くりっくま君は、スター為替(旧社名スターアセット証券)で運用中です。
くりっく365取引手数料が1万通貨あたり210円!

しし丸君は、セントラル短資で運用中です。
オンライン口座開設で5000円プレゼント


CMCマーケットジャパン システムいじり始めました

にほんブログ村 為替ブログ FX スワップ・長期投資派へ

FX勉強ノートは大切です。


FXで上達したいのであれば、勉強ノートは重要です。勉強ノートは、営業で言えば営業日誌のようなものです。一流の営業マンほど営業日誌の重要性を理解しているのと同様、FX運用で成長していくためには、勉強ノートは必須道具の一つになります。今回は以下の順番で説明させて頂きます。



  • FXの勉強ノートの書式
  • FXの勉強ノートは成功に必要
  • FXの勉強ノートは失敗を繰り返さないために必要

FX勉強ノートの書式


FXの勉強ノートは買うと2000円くらいのスケジュールノートを私は使用しています。これは厚手のカバーがついているため何年経っても読みなおしが出来ます。妻の勤務先の取引先が毎年くれるノートでもあり、これを貰えなくなったら2000円くらい出して買う予定にしています。


くりっくま 笑う

こんにちは。
くりっくまです。

勉強ノートもFX運用の上では必須の売買道具です。私も、勉強ノートを大学ノートなどを使った事がありますがすぐボロボロになってしまって駄目でした。今の形式は後で見直すのが楽しみであり、場帖やグラフと一緒に見直すと相乗効果で様々な気づきがあります。

勉強ノートに何を書くべきかは特に指定されたものはありません。勉強ノートには最初の内は、気づいた事や勉強した事を日記のようにどんどん書いていけばいいでしょう。その内、場帖やグラフ記入をするようになれば、書く事が大体決まってくるようになります。

書く事が決まってくるようになってくると、段々自分のFX売買がうまくなってきている事に気づいたりするものです。何でもそうなのですが、騙されたつもりで日記を書くつもりで書き始めるといいですよ。勉強ノートの効果は大きく二つあります


FXの勉強ノートは成功を加速させる


FX運用を成功させたいものは誰でも同じです。でも、なかなか頭で考えているように相場は動きませんね。FXの勉強ノートと場帖を後で見比べたりしていると、成功を促進する様々な事に気づくのです。

自分が素直に感じている事は正しい事が多い

といった事です。「今日は買いだな」などと場帖で感じても、最初の内は注文が出せないものです。しかし、それを勉強ノートに書き込み続けると、自分の感覚がかなり正しい事に気づくきっかけとなります(勿論、その逆もあります)。正しくても間違っていても一喜一憂する必要はありません。今後、自分がどうやっていけば良いのかの改善材料として扱っていけばよいのです。

これを繰り返していけば、いつの間にかFX運用がうまくなっています。


FXの勉強ノートは間違いを繰り返さないのに重要


FXの勉強ノートのもう一つの効用は、「失敗を繰り返さないために重要」という事です。FX運用も最初の内は特に失敗だらけです。それらを勉強ノートに書いておきましょう。人間は基本的に何度も同じ失敗をします。そして、その失敗の種類は人によっても違ってきます。貴方自身がいつもやる失敗がどういうものかを、勉強ノートをつける事で見つける事が出来ます。

見つける事が出来れば対応策が立てられますよね。

相場で利益を増やすためには、二つの事が必要です。「利益を増やす努力」と「損を減らす努力」です。投資法によっては、ある程度は仕方ない部分もありますが、FX投資を始めたばかりの頃は両方を改善させる事が可能です。

その鍵が「勉強ノート」という事です。

・・・ これも毎日記入する事が大切です。



FX投資の基本 売買道具編 目次





デイトレーダーの知り合いが私にはいません。デイトレーダーは、投資スタイルが私とあまりに違うのでここでの記事はお役に立てないかと思われます。



主人公くりっくま君は、スター為替(旧社名スターアセット証券)で運用中です。
くりっく365取引手数料が1万通貨あたり210円!

しし丸君は、セントラル短資で運用中です。
オンライン口座開設で5000円プレゼント


アテニアトライアルセットはお得


にほんブログ村 為替ブログ FX スワップ・長期投資派へ

FX運用は会社経営と同じ 玉帖の大切さ


FXの運用は、企業の会社経営に近い部分がいくつもあります。ポジションを作る(商品開発・商品販売)、それが手違いがわかり損切り(費用・必要経費出費)、そして決済して儲ける(利益)など、FX運用の行動は全て企業活動に置き換えられます。

そうなると、これが当然の如く必要になります。
「収支を記載する会計帳簿」
会計帳簿無しでの企業経営は考えられません。

FX運用でも同様です。

企業の会計帳簿 = 玉帳(ギョクチョウ)

FX運用で収支を計算するのが昔より玉帳と呼ばれる帳簿であり、本日説明するのがこれです。



玉帳でわかるポジション操作


玉帳は、過去のポジション操作がよくわかります。損をした時などの反省材料としても使う事が出来ます。
くりっくま 笑う

おはようございます。
くりっくまです。

玉帳を見れば、その人の投資技術の実力の全てがわかります。これは自分で1年くらい続けるとよくわかりますよ。去年の私の玉帳を無料レポートで公開した事がありました。

あれは、凄く恥ずかしかったです。

見直せば見直すほど、自分の未熟さが目立つからです。あまりに恥ずかしいのでそれ以来、公開するのをやめました。もうちょっと人様に見せられるようなポジション操作が出来るようになってから公開したいと思っています。



玉帳を見れば運か実力かがわかる


去年、私はこのスター為替口座で約400万円の利益を出しました。でも、玉帳を見直して見ると情け無い売買が多いのです。相場が、全体的に円安という大きなフォローがあったから儲かっていたのだと、痛切に感じました。

去年の利益は運だった。

私自身を振り返って、そう思えてしまうのです。その反省は今年の売買に活かせていると思っています。今年はまだ400万万円の利益には届いていません。でも、この間の暴落でもポジションを適度に減らしたお陰で、通年での利益は維持したまま、利益が増加し続けています。

今年の利益は実力・・・かもしれない。

と、今はかすかにそう思っています。でも、来年になって今年の玉帳を見直せば、「まだまだヘタくそだな」と感じてしまう気がしますけどね。



玉帳の作り方


FXの玉帳は、市販のものがありません。私は、株式投資で使っている玉帳の書式を真似てエクセルにて玉帳を作り管理しています。ちなみに、記帳するのは年に2~3回、まとめて記帳しています。

売買回数が少ないのでこれで良いかなと思っております。

参考資料:FAI投資法 玉帳(50枚:1300円)
この玉帳は、株式投資もされている方は是非参考にされて下さい。



スワップ放置派は玉帳不要かも


玉帳が無くても良いと思われるのは、スワップ放置派の方です。スワップを放置しておいてポジションを一年間でほとんど動かさない。そんな方であれば、玉帳を用意しても書く事がありません。

スワップ放置口座は、レバレッジを低く設定しておけば、銀行預金のような状況になります。私自身、スワップ放置口座をひまわり証券など数社に持っていますが、玉帳は作っておりません。玉帳を作っているのは、このブログでのスター為替口座のみです。

玉帳は、作っておくのが最善である事は言うまでもありません。しかし、一年でポジションを一回も動かさないような口座であれば無くても良いというのが、今の私の考えです。



FX投資の基本 売買道具編 目次





デイトレーダーの知り合いが私にはいません。デイトレーダーは、投資スタイルが私とあまりに違うのでここでの記事はお役に立てないかと思われます。



主人公くりっくま君は、スター為替(旧社名スターアセット証券)で運用中です。
くりっく365取引手数料が1万通貨あたり210円!

しし丸君は、セントラル短資で運用中です。
オンライン口座開設で5000円プレゼント


キャッシング金利年1%継続中

にほんブログ村 為替ブログ FX スワップ・長期投資派へ

FX 手書きグラフの効用


FXの手書きグラフは、一度は正当な規格に合わせて描く事をお勧めします。単純な折れ線グラフですので誰にも描けます。そして、描いてみると、パソコンで見るチャ-トとの違いにすぐ気づきます。たまに、スター為替で注文を出す前に手書きグラフを見て、「あっ、流れが変わっているかも、買い注文止めよ」などと思う時もあり、それがそのままその後の下落の前触れである事もたまにあります。私達にとっては、この手書きグラフもFXで儲ける上で、必須の売買道具なのです。

以下がその写真です↓
20061200



FX 手書きグラフ 特徴


FXの手書きグラフの優れている点は、「FX相場の流れが一目良瞭然でわかり易い事」です。
くりっくま 思いつく

おはようございます。
くりっくまです。

私のFX売買では、手書きグラフは先日の場帳と同様、必須の売買道具です。この手書きグラフの一番の効用は「全体の流れが掴み易い」という事です。

これは実際に描いてみるとわかります。試しに手書きグラフを作り、相場の事など知らない人に見せてみましょう。そしてこう質問して下さい。

「このグラフ、これから上がると思う?それとも下がると思う?」

面白い事に、FXの事なんて知らない人ほどよく当たります。5歳くらいの子供なんか多分最適ですよ。逆に、FXや為替の事をよく知っている人などは当たりづらいかもしれません。先入観を持たずに見ると、不思議と真実が見えてくるものです。手書きグラフはその代表例かもしれません。では、その作り方を簡単に説明します。



FX 手書きグラフ 作り方


FXの手書きグラフは以下の手順で作ります。まず準備する道具です。ここでは、一定の流れを掴む為に過去2年分作る前提でお話しをさせて頂きます。



  • 1m×70cmの大きなグラフ用紙:文房具店には置いていない事が多く、ホームセンターなどの方が安く置いてあります。1枚 約70~200円程度
  • 過去2年分の為替データ:データの入手方法と加工方法は、売買道具編の場帳を参照
  • 文房具:ボールペン・定規・修正ペンなど

手書きグラフの準備が出来たら、早速描きます。その手順はこうです。全て、今まで成功した相場師達が行ってきた基準と全く同じですので、個人の裁量で勝手に変更しないでそのままやって下さい。



  • 縦軸目盛り:0.1円=1mm、1mなので1枚で0~100円までを描く。通貨の値が120円であれば、1枚に100~200円を描く。通貨の値が途中で100円台から200円台に突入した場合などは、上にそのまま1枚足す。この場合、縦2mの大きさになる。
  • 横軸目盛り:1日=2mm、3mmにしたり変更しないで下さい。
  • 横線:10円毎に鉛筆で横に軽く線を引いておきます(目盛りの取り間違いなどがなくなります)。
  • 折れ線グラフ:単純なグラフです。丁寧に定規とボールペンで線を繋げていきましょう

FXの手書きグラフ作成には、過去2年分を遡るとして約2時間くらいはかかると思います。初めての方は3時間くらいはかかると思いますが是非やってみて下さい。



FX 手書きグラフ 注意事項


FXの手書きグラフの注意事項がいくつかあります。


  • グラフ用紙を小さくしない事
  • 値動きに合わせてグラフの中心を移動したりしない事(2年の値動きが50~150円の間だから1mの目盛りを0~100円→50円~150円に変えたりする事)
  • 鉛筆やフリーハンドで描かない。
  • その他の部分も手抜きや省略はしない事

私もそうですが、人間は本来面倒くさがり屋で少しでも手間をはぶこうとしてしまいます。でも、少しでも手間を省くとこの手書きグラフの効果はそれだけ薄くなっていきます。このFX手書きグラフ作成の時は、面倒くさい気持ちを抑えて丁寧に作業される事を強くオススメします。





グラフの参考記事:FX取引 サヤすべり取りの売買道具

FX投資の基本 売買道具編 目次





デイトレーダーの知り合いが私にはいません。デイトレーダーは、投資スタイルが私とあまりに違うのでここでの記事はお役に立てないかと思われます。



主人公くりっくま君は、スター為替(旧社名スターアセット証券)で運用中です。
くりっく365取引手数料が1万通貨あたり210円!

しし丸君は、セントラル短資で運用中です。
オンライン口座開設で5000円プレゼント

インフレーションとは何か・・外国為替証拠金取引の基礎その2

にほんブログ村 為替ブログ FX スワップ・長期投資派へ

為替 儲けの秘密は場帳(バチョウ)


為替の売買道具で私が最も重要しているのは場帳です。場帳は毎朝、日本経済新聞から値を記入します。旅行にでも行かない限り、この4年間一度もサボった事がありません。

グラフなどは、たまにまとめて記入したりしますが、場帳は絶対にサボらずにつけています。為替の売買判断はこの場帳が中心となっていて、これを記入しない限り、売買注文は一切出せないのです。

為替の場帳の写真がこれです↓。
1102batyou

今回は以下の手順で為替の場帳について説明させて頂きます。


では、始めますね。


為替の場帳の重要性


為替場帳の重要性の厄介な事は、自分で記入を始めないとわからないところですね(笑)。
くりっくま 笑う

おはようございます。
くりっくまです。
私はまだまだ未熟者なので、どこまで的を得ているかわかりませんが、今の自分のレベルで思っている事をそのまま書かせて頂きます。

為替の場帳を日々記入する事の最も重要な意味は、「値動きを体に覚えさせる」事にあると思っています。

運動や華道など習い事をした方は、この意味が理解し易いかと思います。例えば、柔道などの投げ方や受身や寝技などです。本を読み写真やビデオなどを見ればその技がどういうものかは誰でも理解が出来ます。

でも、それをいくらやっても試合では勝てませんよね。
仮に、もの凄い才能があっても県大会で優勝したりする事などは出来ず、1回戦や2回戦くらいで負けます。強くなろうと思えば思い切り練習をしなければいけません。

日々の練習で体に技を覚えこませる事が大事ですよね。

為替の場帳とはそれと同じようなものです。為替には為替独特又は通貨毎に大きな流れや値動きの特徴とかクセのようなものがあります。それらは、本を読んだり何かの教材を購入すれば大体書いてあります。

でも、何百冊本を読んでも高い教材をいくつ買っても儲かりませんよね。たまに儲かる事はありますが、継続して利益を出す事は出来ません。継続して儲ける為に何かが足りないのです。その何かが・・・

日々の練習で体に値動きを覚えさせる事です。

具体的には、場帳であり、グラフであり、売買道具だという事です。それらを日々記入し続ける事が、柔道の練習であり、値動きを体に覚えさせる事に繋がります。特に、場帳は一番重要だと感じています。



為替の場帳の書式


場帳の作り方を説明します。私は、林投資研究所が販売している株式用場帳を使用しています。

参考:FAI投資法 場帳(70枚:1600円)

1枚で6通貨ペアまで記入出来るようになっています(私は豪ドル専門なので一番左の列しか使っていません)。1枚で約3ヶ月分の値動きが記入出来ます。1年で4枚使用ですので、これで約17年分使える事になります。17年分で1600円ですから、決して高くは無いと思っています。この市販品の良い所は、丈夫なので何年使い続けても、傷んだりしづらい事です(この場帳を挟むバインダーも頑丈なものを使用して下さいね)。

場帳は、骨董品のように続ければ続ける程価値が出てきます。5年後や10年後に過去の値動きを遡ったりする時に、ボロボロになっていては意味がないのです。

自分で場帳を作ろうという方は、以下の事に注意して下さい。


  • ノートは、必ず頑丈なものを使用
  • 横に通貨名:縦に日付を記入
  • 1ページに1列が原則(余白はそのまま)
  • 鉛筆不可。線なども丁寧に引く。

この場帳がこれから数百万円あるいは数億円儲けさせてくれるというつもりでお金と手間をかけて作成して下さい。あとで何十・何百回と見直すという事を前提に頑丈で見栄えの良い紙を使用する事も重要です。

絶対にここで費用をケチらないで下さい。



為替データの入手方法


場帳を作成したら、次は毎日の値の記入です。てっとり早いのは翌日の新聞の値の記入から始める事です。この時の私が注意している事はこれです。


  • 少数点第二位は切り捨て(102.25であれば102.2と記入)
  • 新聞の値は、通常の取引値に1~2円上乗せしてあります(銀行店頭での外貨購入の値のため)。どれくらい上乗せしてあるかは頭の中に入れておきましょう。日本経済新聞では豪ドルで約2円上乗せしてあります。新聞値で104円というのは実際には102円という事です。

これを半年~2年くらい続けると、なんとなく値動きの波がわかるようになってきます。ちなみに、私は豪ドルを記入始めて約4年になります。スワップ派などは、低レバレッジでノンビリスワップ受け取りながら続ければいいと思います。事実、私はそうやって続けてきました。

でも、そんなに気長に待てない人もいますよね。

そういう時は、過去2年分以上遡って書く事をオススメします。
過去データは、各FX会社で提供しているところもあります。
参考までに、ユニマット山丸証券でのデータ入手方法をご紹介しておきます。

  • 口座開設後、ログインして画面右上の「チャート」をクリック
  • チャート画面で「ライン」「日足」に変更→「ファイル」「CSVとして取得」の手順で自分のパソコンにデータっを取り込めます。
  • 四本値が取得できますが、使うのは本日清算値のみです。

これで、くりっく365が始まった2005年7月以降のデータが入手出来ます。過去2年くらい遡れば十分なので、これくらいのデータがあれば良いでしょう。

尚、場帳の値動きの追いかけ方は、板垣浩氏の本が一番参考になります。そちらも併せてお読み下さい。

参考記事:うねり取り 相場師の本

板垣氏はうねり取りの相場師であり、この本はうねり取りの本ですが、日々の場帳の見方は全ての投資法で参考になる部分です。



FX投資の基本 売買道具編 目次




デイトレーダーの知り合いが私にはいません。デイトレーダーは、投資スタイルが私とあまりに違うのでここでの記事はお役に立てないかと思われます。



主人公くりっくま君は、スター為替(旧社名スターアセット証券)で運用中です。
くりっく365取引手数料が1万通貨あたり210円!

しし丸君は、セントラル短資で運用中です。
オンライン口座開設で5000円プレゼント

うねり取りはプロが多い

にほんブログ村 為替ブログ FX スワップ・長期投資派へ

為替売買の3種の神器


為替に限らず、相場成功者が共通して持つ売買道具があります。それらは3種の神器とも呼ばれています。特に、株や商品相場の世界である程度勉強した方であれば、3種の神器という言葉は誰でも一度は聞いた事があるでしょう。私は為替でもこの3種の神器を使用しています。3種の神器とは以下のようなものです。


  • 場帳(バチョウ)
  • 玉帖(ギョクチョウ)
  • 資料(グラフや勉強ノートや統計資料など)

今回の連載では、資料の部分をもう少し分けて説明させて頂く予定です(メルマガなどでも、この資料部分についての質問が多いのです)。



3種の神器は投資法で少し異なる


とん平 照れる

おはようございます。
とん平です。
3種の神器って・・・何かおいしそうな名前ですね。
多分、3つの色にわかれていて中身がアンコ・・

えっ?

それは、三色最中だろって?

・・・・ そうでした。
     すみません。

くりっくま君の話だと、投資法によって3種の神器で使うものは少し違ってくるのだそうです。例えば、場帳簿の記入形式や使うグラフの種類が違うそうです。この連載では、くりっくま君の使っている売買道具を中心に、他の投資法の売買道具の形式にも触れていく予定だそうですよ。

・・・ 次回、場帳の説明から入らせて頂きます。



FX投資の基本 売買道具編 目次





デイトレーダーの知り合いが私にはいません。デイトレーダーは、投資スタイルが私とあまりに違うのでここでの記事はお役に立てないかと思われます。



主人公くりっくま君は、スター為替(旧社名スターアセット証券)で運用中です。
くりっく365取引手数料が1万通貨あたり210円!

しし丸君は、セントラル短資で運用中です。
オンライン口座開設で5000円プレゼント

小林洋行 先物手数料業界最安値・・だけではありません。

にほんブログ村 為替ブログ FX スワップ・長期投資派へ

FX投資成功の鍵は売買道具


FXでも株でも商品でも投資で儲け続けている人が大体持っているのものがあります。それはパソコンでも高い本でもましてや情報商材などでもありません。

売買道具です。

FXの売買判断をするために使うための道具が売買道具です。私の周りでは商品や株の投資で儲け続けている人は結構います。でもFXやっている人はほとんどいません。FXをやらない理由は簡単で、株や商品でしっかり儲けているので敢えてFXをやる必要が無いのです。

私の場合、ちょっと特殊な事情があってFXを始めました(後日お話しします)。

その人達が普段使っている売買道具はほぼ共通しています。私はFXでそれを応用して使っています。しかも、不思議な事にその売買道具は一般の投資家の方はほとんど持っていないし知られてもいないのが多いのです。

今回からの連載で売買道具を一つづつ紹介させて頂きますね(メルマガの読者の方は既にご存知の内容です)。復習のつもりでお読みになって下さるとうれしいです



儲け続ける投資家は持っている売買道具


くりっくま 笑う

こんにちは。
くりっくまです。
今回からFX投資で儲ける基本の連載を始めます。まず最初の連載は売買道具です。

皆さんはFXの売買でどんな売買道具を使っていますか?

今日から説明する事は、実際に儲けている人達の共通の売買道具の話です。無料レポートやメルマガで紹介している部分ばかりですが、ここでは、売買道具の基本部分をまとめて説明させて頂く予定です。



FX投資の基本 売買道具編 目次




デイトレーダーの知り合いが私にはいません。デイトレーダーは、投資スタイルが私とあまりに違うのでここでの記事はお役に立てないかと思われます。



主人公くりっくま君は、スター為替(旧社名スターアセット証券)で運用中です。
くりっく365取引手数料が1万通貨あたり210円!

しし丸君は、セントラル短資で運用中です。
オンライン口座開設で5000円プレゼント

ドットコモディティ 選べる3つの手数料体系

にほんブログ村 為替ブログ FX スワップ・長期投資派へ