マネーパートナーズ

ここでは、マネーパートナーズ に関する情報を紹介しています。

FX放置口座証拠金活用実験



買いポジションを作ってそのままというFX口座がいくつかあります。ほとんどがレバレッジ1~3倍程度の低レバレッジでリーマン級の円高がきても大丈夫な状況にしてあります。

その中の一つマネーパートナーズFX口座で一つの実験をしてみることにしました。

マネーパートナーズの代用有価証券制度を使って株を買ってFXの証拠金にして配当金も受取っていこうという実験です。代用有価証券制度というのは、株券をFXの証拠金に出来る制度です。現在の株価の70%で評価されてFX証拠金に充当されます。このやり方の一番のリスクは株価下落です。ですので証拠金全額を代用有価証券とするのはかなりの余裕がない限りおすすめしません。

株券をFX取引の証拠金として代用できる。FXのマネーパートナーズ

私も全体の証拠金の半分くらいを目安に代用有価証券にしていこうと考えています。

今回買ったのは「NTT(9432)」と「丸和運輸機関(9090)」です。

実際のマネーパートナーズの口座管理画面はこんな感じです。

代用有価証券


2社の株価と配当金は以下のようになっています。

NTT 丸和運輸機関
株価 6282 3325
配当金 180 130
配当利回 2.86% 3.90%

*配当金は税引前の数字です。

2社合わせて大体3.5%くらいの利回りに相当する配当金が受け取れることになります。預金は勿論ですが、債券でもこれだけの利回りを出せるものはないです。今の日本の株ってこういう高利回り銘柄が沢山あるんですよね。

無論、株価が上がれば株式値上がり益も期待できることになります。とはいえ、このマネーパートナーズ証券口座で株式の短期売買派する気はなく、数年はこの高配当金を受取っていく予定にしています。

余裕をもたせた資金で株もFXも放置したままなので、短期的な変動でストレスが貯まる心配もありません。

まあ、株価が1.5~2倍くらいに上昇するようなことがあれば売却も検討する予定にしています。

ちなみにNTTと丸和運輸機関の2つに分けたのにも理由があります。丸和運輸機関は業績好調で配当利回りも高く好条件が揃っています。でも、東証2部上場でしかも最近上場したばかりの株なのです。こういう株は業績変動が激しく、短期で株価2倍になることもあるのですが、反対に崩れだすと株価が半分以下になることもあります。

これに対してNTTは、企業規模も大きく業績の安定している代表格です。最近は海外への展開も積極的で収益源も多様化してきて収益基盤も強くなってきています。そして、株価対策として自社株買いもしてくれるので大きく値崩れしにくいという特徴もあります。

この好対照な2社を組み合わせることで3.5%くらいの配当利回りを確保していこうという目論見でいます。このやり方がうまく機能するようであれば、株とFXの放置ポジションをマネーパートナーズ口座に集めていこうかと検討しています。

現在の持株で、毎年受取れる予定の配当金は税引き後で約10万円です。別にポジション操作をするわけでもないFXポジションであれば、スワップ金利受け取りのほかにこういう副収入があるというのもなかなか楽しいという気がします。

株券をFX取引の証拠金として代用できる。FXのマネーパートナーズ

記事が参考になったらポチッと応援お願いします。

にほんブログ村 為替ブログ FX スワップ・長期投資派へ にほんブログ村 為替ブログ 豪ドルへ にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ

只今タイアップして頂いている業者さんです。お気楽FXとくりっく365日記からの申込みが対象です。


為替ライフ 「為替サヤ取り教室」プレゼント中
ライブスターFX 亀千人投資術
アイネットFX 「億をかせぐトレーダーたち」

トライオート通常10000円⇒15000円です。