NISA

ここでは、NISA に関する情報を紹介しています。
ジュニアNISAS口座申込

昨日、ジュニアNISA口座開設申込書を記入して本日ポスト投函予定です。

申し込んでから知ったのですが、ジュニアNISAって非課税の5年経過後も子供が20歳になるまでは配当金とか非課税で受け取れる仕組みになっているんですね。

これって、凄い事じゃないかと思っています。

仮にですよ。80万円で配当利回り5%くらいの株を買ったとします。配当金丸代金は、80万円×5%なので4万円なのですが、20%の税金が引かれるので、3.2万円ということで8千円の税金が差し引かれます。

これが、ジュニアNISAでは4万円まるまる受け取れることになります。

毎年8千円得をすることになるので、もしも0歳の子供でジュニアNISA口座でこの株を保有し続けたら、配当金だけで4万円×20年間=80万円となりますね。浮いた税金分だけでも、8千円×20年分で16万円となります。

これ長期戦略でやると面白そうです。

ジュニアNISAで発生した配当金を翌年のジュニアNISAの買い付け代金の一部にするんです。

今年:80万円で株買付
翌年:配当金4万円+76万円=80万円で株買付
翌々年:配当金8万円+72万円=80万円で株買付


これを20年続けると・・・

20年後:配当金80万円⇒手出しなしで株買付

20年後は、非課税枠の贈与をしなくても勝手に配当金再投資でジュニアNISA口座が増える流れになります。無論、株配当金が大幅に減ることになればすべてが狂うことになるので、そこは自己責任となります。

息子は只今4歳なので実際には16年ですが、かなり面白い展開が期待できます。

こうやって、追加資金なしで回る状態となったまま成人になったら普通のNISA枠で更に循環させていきます。そして、私が死亡したら大きく増えたファンドを名実ともに息子に渡せるという流れが作れます。

現在4歳の息子も感謝してくれそうな気がします。

だって、80万円×16年=1280万円くらいの資産+年間64万円相当の配当金発生・・・ですからね。

多分、20歳そこそこであれば年収はそれほどないはずです。そんな状況で、64万円年収が上乗せって私だったら飛び上がるくらいにうれしいです。

もしも、110万円くらい贈与を続けるつもりであれば配当金で余った部分は他の分野(例えば生命保険など)の資金にもきます。

というのも、これから数年間の株価にはあまり期待はしていないんです。中国はこれからも発展していくかもしれませんが、これまでほどの影響力は持てなくなるはずです。次の成長エンジンのようなものがでてこないとお株価が大きく伸びるのは難しいです。

だから、ジュニアNISAは着実に頂ける配当金重視でも良いかなと思っています。無税なので再投資して複利運用も効率的にできますからね。

年利5%くらいの配当金が出る銘柄は日本株だとそんなにはありませんが、米国株など投資対象を拡げればいくつかでてきます。その中でもっとも不景気でも手堅そうなものを見つけて買っていくつもりでいます。

注意すべきは、外国株投資の場合現地での税金は非課税の対象にはならないということです。米国株であれば現地で10%課税された金額を日本で受け取る感じになります。でも、米国株で6%近い銘柄もあるので、10%引かれても5%以上確保できる銘柄は存在します。

まあ、配当利回りにこだわりすぎると失敗するので最終的には3~4%くらいでもいいかと思ってもいます。利回りにこだわりすぎずに柔軟に選ぶつもりです。

口座開設したら、本格的に銘柄探しに入ります。

にほんブログ村 為替ブログ FX スワップ・長期投資派へ にほんブログ村 為替ブログ 豪ドルへ にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ

只今タイアップして頂いている業者さんです。お気楽FXとくりっく365日記からの申込みが対象です。

為替ライフ 「為替サヤ取り教室」プレゼント中
ライブスターFX 亀千人投資術

毎年定期的に贈与するというのは、単純にやっても税務署に認めてもらえないことがあるそうです。

贈与した年に申告をすれば認めてもらえるだろう・・・なんて単純に考えておりました。110万円の枠をちょっと超えた120万円贈与して敢えて1万円くらいの贈与税を払う形式でいくつもりだったのですが、現実は甘くないようです。

「NISA+生命保険」でいく予定なのですが、専門家などにも相談してやっていく必要がありそうですね。

私の死後に相続税や新たに贈与税がかかるなんてことがないようにしなきゃいけません。

昨日、4歳の息子の銀行預金口座を作ってきました。

にほんブログ村 為替ブログ FX スワップ・長期投資派へ にほんブログ村 為替ブログ 豪ドルへ にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ

只今タイアップして頂いている業者さんです。お気楽FXとくりっく365日記からの申込みが対象です。

為替ライフ 「為替サヤ取り教室」プレゼント中
ライブスターFX 亀千人投資術

息子への定期贈与を2016年から始めます。具体的には以下の内訳です。

・ジュニアNISA 80万円
・生命保険保険料 約40万円

合計120万円を毎年息子の預金通帳に入金してNISAと生命保険料とする流れです。今年からこの流れでやっていく人って多いかもしれませんね。贈与の控除枠は110万円のため、10万円分に対する贈与税約1万円を毎年払うことで定期贈与をしているという動かぬ証拠とするやり方です。

将来の相続税を考えれば、毎年1万円くらいで済むというのはかなりの節約となります。10年も続ければ1200万円の贈与が完成します。この間払う贈与税は10万円程度です。仮に相続税で30%くらいかかるとすれば360万円の税金となるため、かなりの節約になります。

生命保険料は、息子を契約者+死亡保険金受取人に指定します。私が死亡すれば保険金が息子に入る仕組みです。通常、生命保険金は相続税の対象となるのですが、契約形態をこの形にすれば一時所得扱いとなります。これも、相続税を払うよりはかなりの税金節約となります。

生命保険は、積立形式のものなので「私が死亡した時には学費」に出来るし長生きした場合でも「解約して学費」に充てられます。

私にとっては、この生命保険は満期のない学資保険でもあります。

これで、私が亡くなっても息子が大学にいくときに学費に充てられる資金を少し用意しておけます。

ちなみに保険金は5万米ドルと外貨で設定しています。日本円には戻さずに使わせる腹積もりでもあります。

果たして希望通り、海外留学をするレベルまで育つかどうか・・・・ここが一番の難点ですね(笑)。

私の保険を扱う代理店さんには、私の遺言も託しておくつもりです。

「死亡保険金は必ず学費にせよ。生活費・遊興費とした場合は化けてでるよ!」

こう書いておけば、多分大丈夫かな(笑)。生活費にするのも認めないというのは厳しい感じがするかもしれませんが、その意味はいずれわかってもらえるはずです。

息子よ、期待しているよ!

にほんブログ村 為替ブログ FX スワップ・長期投資派へ にほんブログ村 為替ブログ 豪ドルへ にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ

只今タイアップして頂いている業者さんです。お気楽FXとくりっく365日記からの申込みが対象です。

為替ライフ 「為替サヤ取り教室」プレゼント中
ライブスターFX 亀千人投資術


NISAの活用法を見直しています。これまでは、以下のようにしていました。

私と妻ともに長期保有前提の株式保有としていたのですが、あまりこだわらずに短期・中期の売買もすることにします。

株価が数倍になって売却できればNISAは素晴らしい節税手段となるのですが、5年の保有期間でそういう部分だけを見るのは楽天的すぎますよね。

中国経済が曲がり角になった以上、世界的な株価も鈍化せざるを得ません。欲張らずに利益確定してNISAの恩恵を少しでも受けておくつもりです。

にほんブログ村 為替ブログ FX スワップ・長期投資派へ にほんブログ村 為替ブログ 豪ドルへ にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ

只今タイアップして頂いている業者さんです。お気楽FXとくりっく365日記からの申込みが対象です。

為替ライフ 「為替サヤ取り教室」プレゼント中
ライブスターFX 亀千人投資術