コンセプトは「5歳の子供にでもわかるFXとくりっく365」 子育てしながらFXで資金をつくり将来は海外でソロバン塾を開くのが目標です。
7月に入り、「日経225-NYダウ」のサヤ取りでの利益確定が2回発生しています。

利益額は15万円ほどですが、サクッと取れる感じで良いリズムです。

サヤ取りは、年に数回こういう時期があります。

こういう時、大切なのは「急がない事」です。急いでも利益が増えるわけではないからです。

いつものペースで、いつもの売買をしていく。

後から見れば、これが一番儲かります。

良い流れなので、波に任せて売買を続けてみます。
試練をチャンスに変える

言葉の響きは良いものの、これが出来る人は少ないですよね。

若い頃から試練にぶちあたって鍛えられることが必要なのかなと思っています。

息子も「試練をチャンスに変える」力のある人間になって欲しいものです。

調度、その試練となりそうな場面が訪れてきた気がします。

息子が・・・どうもイジメ・・・に合っているようなのです。体が小さいせいか、これまでもイジメ的な目にあったことはありました。でも、幼稚園などでは母親の目がいきとどくので深刻な状況になるようなことはなく、息子にとっても試練とも呼べない状況できていたのです。

今回は違います。

まず、相手の格が違う。

1年生なのに2年生にさえも平気で噛みつくタイプです。そして、子分もいます。子分と息子はもともとそれなりに仲良くやっていました。でも、その親分が登場してからは、その子分となりはてています。

更に、今はその子が「息子を自分の子分」とすべく息子に絡んできているようです。

何かあると「親分にいうぞ!」が、お決まりの脅し文句・・・虎の威をかるキツネにすぎないんですけどね。

でも、親分は既に相当の悪です。

昨日、学校に行く機会があり、その親分をみたのですが誰に対してでもナナメに構えたタイプで気の荒さを隠そうともしません。

今日息子が遂に告白してくれました。

「●●君(親分)と●●君(子分)と学校に行きたくない。」

母親同士の話し合いで、一緒に学校にいかなくなりそうな方向性で、この件については話はつきそうです。

次の課題は、「息子のパワーアップ」です。

これからもイジメっこなんてのは、どんどん出てくる。その度にターゲットになるような弱弱しい子供ではいけないですよね。

本人もそう思っているようです。

これは、チャンス・・・ですよね。

ずっと武道を習わせる機会を探していたのです。

明日、近所の空手道場へ連れていってみる予定です。

男は優しくあらねばならない。しかしながら、ただの優しさは軟弱者とみられやすい。周囲にも認められるには「強さも兼ね備えた優しさを持つ必要がある。

これを実行に移す好機が到来したようです。

明日、体験道場で息子を試してみます。
朝、息子と散歩するのが日課です。

でも、最近は息子が朝起きなくなって一人でいくことが多くなっていました。散歩に出てから息子の「パパ。置いてかないで!」という声を聞いてもそのままにして出かけたりすることもあります。

先日、息子が学校へいくときに一緒に行く子たちを置いて一人で走っていくことが多いという話を聞きました。

一緒に行く子とのりが合わないということもあるようですが、どうも集団に溶け込むのがうまくできなようなところもあるようです。

う~ん・・・・・私のやっている事が悪影響無ければ良いのだけど・・・・・と考えて、少し行動を変えることにしました。

「朝なんとしても起こしてから一緒に散歩に行こう!」

疲れているのだろうけど、「友達と一緒に頑張る」という経験を作ることにも繋がりそうな気がします。

子育てに、何が良いのかという結論がないのはわかっています。

長い目で良い方向になりそうなことは、なんでもやっていくつもりでいます。

いずれ実を結ぶといいんですけどねぇ・・・。
種まいてから80日とちょっと早目なのですが、ニンジン収穫開始しています。

息子が、「パパ、このニンジンおいしい!」と言ってくれるのが嬉しい。

トマトもちょっとづつ出来始め増ました。来月からは「オクラ」「エダマメ」も収穫できそうで、賑やかになりそうです。

虫もにぎやかになってきたので戦っている最中です。
昨日ブログで知り合った方々とのオフ会に参加させていただきました。

オフ会でお話しした皆様、楽しい時間をありがとうございました。

自分の運用法などについて聞かれたりして、説明するのって良い勉強になります。自分で話しながら、「あっ、この辺はルールから離れているかも」なんてことに気づかされながら、会話を楽しんでいました。

当然のことながら、投資判断は独りで行うものです。一人というのは気楽なものですが、誰の監視も効かないために道からズレているのにも気づかないという弊害があります。

そのままにしておけば、いずれ大失敗の元になるので注意しないといけません。

・・・良い自己修正の機会にできました。

話をしながらもう一つ感じたことがあります。お話しする相手によって「テーマになっている運用法」が異なっているんです。なので、AさんとBさんとの会話が別のものになってしまう。でも、AさんとBさんにとっては「キヨヒサってそんな運用法していたっけ?」という感じになってしまうかもしれないという気もしました。

今やっている主要な運用法は以下の通りです。

サヤすべり取り:基本的に豪ドル円売買だけでやっている運用法(たまに豪ドル円の代わりに南アフリカランド円を売る)
スワップポイントサヤ取り:売買判断不要、Fx口座間のスワップポイント差を利益に変えていく運用法
・リピート系自動売買:売買判断不要、トラリピなどを利用した自動売買
・FX積立:毎月積立しながら豪ドル円買い、基本的に売買判断不要ですが、一部サヤすべり取りと同じ売買判断をする。

FXでやっているのは以上です。いろいろやってはいるのですが、FXで売買判断をするのは基本的に「サヤすべり取り 豪ドル円」のみですので手間はほとんどかかっていません。

これと、CFD取引でやっている運用法は現状一つです。

CFDサヤ取り:日経225-NYダウの価格差を利益に変えていく。

このCFDサヤ取りと、先程のスワップポイントサヤ取りも混同されがちなようです。サヤ取りという名は一緒でも運用の中身とリスクの取り方も違う別の運用法です。

私の方針として「裁量トレードの売買判断は一投資分野で一つを基本にする」としています。

それが、FXでは豪ドル円・CFD取引では「日経225-NYダウのサヤ」という感じになります。

これ以外の運用法は、基本的に相場観はほとんどいらないものばかりです。

もしかしたら、昨日オフ会参加した方が読まれるかもしれないと思ったので、話の整理の意味でまとめさせていただきました。

とはいうものの・・・・

多分、ここから先が一番参考になると思います。

FXで短期売買中心の運用法と長期視点の運用法は相いれないものです。

オリンピックの短距離ランナーとマラソンランナーくらいの違いがあります。選手同士が会話すること自体は有益なことが多いかもしれませんが、走法は全く異なり訓練法も注意事項も全く違います。

これと、FX運用法も同じです。

なので、短期売買中心でやっている方は私のような長期視点の運用法は参考にすべきではありません。私の意見を真に受けて運用法を修正したりしたら、全体がおかしくなってしまう可能性だってあります。

この点、十分にご注意頂ければと思います。

でも、成功に向けて頑張っているという点では同じです。

これからも、切磋琢磨しながら利益を出していけるよう頑張りましょう。

良い刺激をありがとうございました。

息子は、半年前より英会話教室に通っています。月1万円の月謝はこの辺では高目なのですが、毎回2時間以上たっぷりとカナダ人の先生がやってくれます。その先生には満足しています。

でも、肝心の息子が・・・・やる気がなかったんです。

やったことを全然覚えていない。

ほめて育てる作戦・・・表向き効果ありませんでした。「俺はシャベれる」と変な勘違いをして全然やりません。

叱ってやらせる作戦・・・怯えさせてしまうだけで効果は感じられず。

北風(叱る)と太陽(褒める)のどちらも効果なかったんです。

ところが、先週くらいから適当なところが多いのですが英単語などを口にするようになっています。

何が違ったか・・・・考えたところ・・・思い当たることが一つ・・・・・ありました。

最近、私は息子が宿題をやっているときなどに側で英文を読んだりしています。どうやら、それをみて息子もやる気を出し始めているようなのです。

息子が留学できるレベルまで育って欲しい・・・というのが私達夫婦の願いです。

息子もその意をくんでくれているのか「どんな病気でも直せる医者になるんだ!」「宇宙飛行士になりたい!」「世界で活躍できる人になる!」といろんな夢を語るようになってくれています。

夢を叶える第一歩は成功です。

夢を人前で堂々と語れる男になれるかどうかがまずは重要です。

夢を語れるようになれば、いずれ「叶えるためにどうするか」という段階へ自然に進んでいきます。

そして、息子が留学する年齢になったら、私達夫婦も一緒に海外へ行って何かをするつもりでいます。今のところ「何か」は「ソロバン教室」なんです。

ソロバン教室を開いて教えるためには、珠算+語学が必須なのでその勉強を私も始めています。

英語も基礎の基礎から始めました。発音や中学英語の文法も復習しながら基礎固めの日々です。

それを息子の前で見せたのが、息子にも良い刺激を与えた・・・・のかもしれません。

親の背中をみて子供は育つもの・・・・ってこういう事なんですかね。

ちなみに、息子にもソロバンを習わせ始めました。これには将来海外で生き抜く力を身に着けさせるという意味もあります。ソロバンの技術は世界中どこでも通用する日本人の特殊技術です。

将来、息子が事業に失敗したりして仕事が亡くなったときがきたときに、世界のどこにいようと家族を食べさせていけるくらいは稼げる力を身につけさせておきたいのです。

小学校1年生になった息子、これからも夢に向かって、一緒に一歩ずつ階段を登っていきます。

にほんブログ村 為替ブログへ にほんブログ村 花・園芸ブログへ にほんブログ村 子育てブログへ
CFDサヤ取りで「日経225売りーNYダウ買い」を保有中です。

そろそろ動くかなという気もするのですが、あせらずに時を待っています。

にほんブログ村 為替ブログへ にほんブログ村 花・園芸ブログへ にほんブログ村 子育てブログへ